• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 ソーシングメソッド 代表取締役  長﨑 健太郎

インタビュー

サービス

鶴久 課題解決のための様々なツールをお持ちなのですね。会社の外部にある営業部のようなイメージでしょうか。

長﨑
 はい。まさにそういった立場を目指しております。新規に設立した法人の大半が5年以内に倒産してしまうという状況を打開したいと考えておりますので、特に新しく企業を立ち上げたときのスタートダッシュを成功させるためのブースターとして弊社を利用して頂きたいですね。設立時に携わらせて頂いた後は、もちろん長くお付き合いすることも可能ですし、営業部設立までや固定客がつくまでといった期間限定でも喜んでお手伝い致します。

鶴久 法人を立ち上げたばかりですと不安も多いでしょうから、とても頼りになる存在だと思います。

長﨑
 ありがとうございます。そういった方々の要求に応えられるよう、臨機応変な対応を心がけています。例えばポスティングが必要な場合には、リサーチして配布対象を絞り、パンフレットのデザインや印刷も含めて、一連の流れを手がけるのです。

鶴久 御社自体も設立されたばかりとのことですが、手応えはいかがですか?

12819k01

長﨑
 先日開催した不動産業界の交流会ではお越し頂いた経営者の方々から好評を頂いており、感触は上々です。営業部門でもデザイン部門でも優秀なスタッフに恵まれていますし、滑り出しは順調だと思います。

鶴久 着実に歩を進めているのですね。では最後に、今後の事業に対する意気込みを教えてください。

長﨑
 弊社をご利用頂いたクライアント様が順調に売り上げを伸ばせるよう、これからも精一杯サポートします。白い弊社の名刺がクライアント様の色に染まるほど密接に連携して課題を解決しますので、まずは、お気軽にご連絡ください。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

法人立ち上げに携わった経験から、目的は1つでも手段は豊富にあることを知っている長﨑
社長。だからこそ、企業に対して最適の解決策を提案できるのだと思います。福岡市では起業しやすい仕組みが整い始めているそうですし、これからますます活躍の場が広がるはずです。地域の活性化のためにも頑張ってください!

1 2


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則 宮地 真緒 矢部 みほ 名高達男 時東ぁみ 鶴久 政治