インタビュー

スペシャリスト

鶴久 たしかにがんの治療費はとても高額だと耳にします。

 日本の健康保険制度には、治療費が高額となった際に上限以上の自己負担分を免除する「高額療養費」というものがありますが、それを利用しても、抗がん剤・治療費・入院等で毎月4〜10万円
ほどの自己負担が必要です。一般の方が加入しておられる民間の保険では、全てをカバーするのは難しいようです。

鶴久 治療中は当然、健康な時のように働けないでしょうし、収入が途絶える可能性もありますね。

 そうした経済的負担を和らげるための保障制度が障害年金です。受給資格を満たし、障害基礎年金と障害厚生年金の両方の受給資格を満たせば、年間136万円を受給することが可能です。

鶴久 私たちは普段、高額の社会保険料を支払っていますが、若いうちはその恩恵に与る機会はないと思っていました。

 年金というと歳をとってからの保障だと思っている人は多いですが、障害年金は若くても、被保険者期間が短くても、受給できる可能性があります。ただ、私は妻を看取ったから分かるのですが、がん患者本人はその手続きのために病院や役所、年金事務所を回ることは到底できませんし、かといって、家族もその余裕はない場合が多いのです。だからこそ私が手続きをサポートすることで、患者さんやご家族の不安を少しでも取り除くお手伝いができればと思っています。

12816k01

鶴久 奥様を看病されたご経験があるからこそ、患者さんやご家族の心情を理解できることがあるのだと思います。私も音楽で人を元気にさせることを常に意識していますが、畑さんも仕事を通じて多くの人が笑顔になるお手伝いをされているんですね。

 障害年金を受けられれば経済面の不安による精神的苦痛は和らげることができます。そして患者さんが完治して社会復帰し、また税金や社会保険料を納めるようになれば、別の患者さんを支えることにもなります。今後は講演会の開催などを通して障害年金の制度を知らないがゆえに苦しむ人が少しでも減るよう、情報を発信していきたいです。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

自らのご経験があるからこそ、同じような境遇の方を支援したい。畑さんからはそんな強い信念を感じました。お金がないために病気の治療が受けられないのは悲しいことです。これからも仕事を通じて、苦しむ人達へ手を差し伸べて頂きたいですね。

1 2


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 杉田 かおる 時東ぁみ