インタビュー

建築

水野 かなり神経を使う作業ですね。でも代表はお仕事のことを語るとき、本当に楽しそうに話されるのが印象的です。

金田 たまたま始めた仕事ですが、今では天職と思えるようになりました。会社としても、まずは数年後を目処に法人化することを目指していますし、道具などを置ける事務所を持ちたいという展望もあります。そのためには安定して仕事を受注できるようにすることと、スタッフの育成も大事になってくるでしょうね。

水野 業界的には、人材は不足しているのでしょうか。

金田 ええ。裏方の仕事ですから、この業種そのものを知らない人も多いですしね。ただ、世の中にとって必要な仕事ですし、やりがいも大きいです。だからこそ、この仕事の必要性や醍醐味をもっと世間に広めていきたいと思っています。

水野 さらに先の展望はいかがですか?

金田 いずれはまた、海外の仕事に携わりたいという思いがあります。ただ、それは自分に限ったことではありません。今後スタッフが増えて、その中から海外で経験を積みたいという者が現れたら、自分の持っている知識や経験を全て継承して、送り出してあげたいですね。

GUEST COMMENT

水野 裕子

まるで漫画の主人公のようなドラマチックな半生を歩まれてきた金田代表。持ち前のバイタリティと、機械器具設置のお仕事に懸ける熱い想いがあったからこそ、貴重なチャンスを物にしてこられたのでしょうね。代表が感じるお仕事の魅力が伝われば、「一緒に働きたい」という仲間も増えていくはず。今後も、世の中を支えるお仕事を続けていかれてください。

1 2 3


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則