インタビュー

スペシャリスト

水野 一般企業や他の事務所で働いた経験は所長の強みになると思います。

三重 そうですね。今までの経験は、どれも今の仕事の礎になっていますが、特に弁護士事務所で得たことは大きいですね。社労士としての立場のみに留まらず、弁護士の視点からの意見をお客様にお伝えできるということは、他の社労士事務所にはない特長だと思います。

水野 なるほど。では、企業のトラブルを解決する際に、所長はどのようなことを心がけていますか?

三重 従業員を守れるように企業を導くことを意識しています。その際、経営者や従業員といったどちらかの立場に寄るのではなく、中立な立場からアプローチするようにしているんです。そして労務問題の根本である企業の体制を改善することで、より健全な職場環境を整えます。私たち社労士は、言うなれば企業を健全な経営へと導く“ホームドクター”のような存在です。その役目を果たすため、当所の職員は積極的にお客様の企業へ足を運び、現場の雰囲気を知った上で対応します。やはり、実際に行ったからこそ見えてくる部分もありますから。

12778k水野 データや書類のやり取りだけでなく、文章化されていないところも大切にされている所長の様子が伝わってきて、なんだか温かみを感じます。

三重 ありがとうございます。これからも「みんなの役に立ちたい」という初心を忘れないようにしたいです。そして、活動範囲を全国に広げたいと考えているので、今後は組織作りにも注力します。より専門性の高い業務を増やし、企業の合併買収などにも対応できるように、スキルアップを続けていくつもりです。

12778g
GUEST COMMENT

水野 裕子

敷居の高いイメージのあった士業ですが、三重所長はストレートにお話ししてくださって、親しみやすい雰囲気が伝わってきました。また、文章や数字のみに頼らず、自らが感じたことを軸にお仕事されているので、細やかな対応ができるのだと思います。今後も、ぜひそのスタンスを貫き通していってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2020年5月号
COMPANYTANK 2020年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元マラソン選手の有森裕子さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

駒田 徳広 宮地 真緒 名高達男 矢部 みほ 鶴久 政治 時東ぁみ 杉田 かおる 水野 裕子 畑山隆則