インタビュー

医療・福祉

A-care 株式会社

大学卒業後は一般企業に勤め、父親から声がかかったことから家業の人材会社に入る。およそ10年を経て、派遣法改正を機に会社を分社化。そこから新たに訪問医療マッサージの事業をスタートさせることを決め、2016年にA-care(株)を設立した。

A-care 株式会社
住所 〒472-0053
愛知県知立市南新地3-7-12
URL https://acare-taion.jimdo.com

異業種から訪問医療事業に参入した、A-care(株)の鈴木取締役。その根底にあるのは、高齢化が進む地域へ貢献したいという強い思いだった。独自のスタンスを貫きながら歩んでいく会社のビジョンについて、愛知県出身のタレント、水野裕子さんが話を伺った。


12777t01

水野 お父様の事業を引き継ぎながら、全くの異業種である訪問医療業界での起業を果たされたそうですね。まずは、これまでの経緯を教えて頂けますか?

鈴木 2015年頃から、社員と新しい事業を始めようという話をしていたんです。その中で2016年のはじめに地元の自治会に加入した際、参加されているのが高齢の方ばかりという現状を目の当たりにしまして。私が子どもだった頃は、自治会というのはもっと年齢層が広いものだったので、ふとした部分にも高齢化の波が来ているのだと実感するとともに、自分に何かできることはないかと考えました。それから色々と調べていくうちに、将来的には接骨院や整骨院で医療保険が使えなくなったり、高齢者の医療保険の個人負担がものすごく大きくなるということも知ったんです。

水野 人は誰でも老いていくものですから、将来の高齢者の待遇は私たちにとっても無関係ではありませんよね。

1 2 3


amazonからのご注文
2021年10月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 矢部 美穂 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 名高達男 杉田 かおる 畑山隆則