インタビュー

サービス

8282Style Bernese

山形県出身。学業修了後に上京し、IT系の企業に勤務する。一対一で人と関わる仕事をしたいとの思いから自動車販売会社の営業マンへと転身し、1年目から営業成績トップ3に入るなど頭角を現す。トップセールスとして活躍を続け、店長兼エリアマネージャーとして複数の店舗管理も経験。自らの理想の店舗づくりを実現すべく独立し、長い構想期間を経て2015年に8282Style Berneseをオープンした。

12764_logo01
8282Style Bernese
住所 〒358-0055
埼玉県入間市新光486-3
TEL 0429-68-6886
URL http://8282style.com/

生い茂る椰子の木と、ピカピカの外国車。埼玉県入間市の一角にアメリカ西海岸を「出現」させているのが、8282Style Berneseだ。「お客様には車ではなく夢を売っている」と熱弁する富樫社長の経営哲学と多様な事業展開について、タレントの山田まりやさんがお話を伺った。


トップセールスマン、次のステージへ

山田 一歩踏み入れただけでまるで海外に来たかのような、素敵な空間ですね!

12764_ex01富樫 アメリカの西海岸がコンセプトになっているので、ここは“埼玉県西海岸”と言ったところでしょうか(笑)。オープン当初からお客様には「埼玉ではここだけ別世界みたい」と好評で、私自身も手応えを感じています。

山田 社長のこだわりが垣間見える店舗づくりですが、早くから自動車業界での独立を考えていらしたのですか?

富樫 いえ、社会人のスタートはIT系の会社でしたし、特別に強い野心を抱いているわけでもありませんでした。ただ、若い頃から同世代に負けたくない気持ちはあって、それが「早く自立して格好いい車に乗りたい」という目標に繋がっていたように思います。

山田 なるほど。では、そこから自動車業界へと転身されて、独立に至るまでの経緯を教えてください。

1 2 3

ttl_newmag

2017年3月号

2017年3月号

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
カンパニータンクご注文

interviewer's eye

川﨑麻世 水野 裕子 鶴久 政治 駒田 徳広 矢部 みほ 杉田 かおる 時東ぁみ 畑山隆則 大門正明 相原 勇

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たち。本業における信念やその軌跡、そして経営者へのインタビューを通じて感じたことについて、本誌編集局が逆インタビュー。