インタビュー

卸・販売

有限会社 アヅマヤ

東京・浅草で靴の卸売業を営む(有)アヅマヤの3代目として生まれる。学業修了後は京都の靴販売店で経験を積み、家業を継ぐ。ゴルフ場へキャディ用シューズの卸売販売を手がける中で、2002年に自社ブランド「Runjoy」を立ち上げてシューズの開発をスタート。現在は、ゴルフ場用品の製造と販売を手がけている。

12763_logo01
ゴルフ場用品・各種ユニホーム卸
有限会社 アヅマヤ
住所 〒350-1335 埼玉県狭山市柏原2428-8
TEL 04-2952-2068
FAX 04-2954-4107
URL http://www.e-azumaya.com/
http://runjoy.jp/

山田 ゴルフ場用品の製造・販売を手がけているそうですが、御社のこれまでの経緯を教えてください。

12763t01

長沢 (有)アヅマヤは、もともと浅草で靴の卸売りをしていた、祖父の代から60年以上続く会社なんです。そして私の代で、ゴルフ場で働くキャディさん専用の靴を販売するようになりました。当初は大手メーカーから仕入れていましたが、そこが小売店に卸さなくなったため、「Runjoy」という自社ブランドを立ち上げ、靴を製造するようになったのです。

山田 キャディさんはお仕事で歩き回りますから、靴にもこだわっていそうです。

長沢 はい。キャディさんは「足が命」と言っても過言ではないので、気に入った靴が廃盤になると、仕事を辞めてしまう方さえいらっしゃいます。そんな中、弊社の製品は斜面の多いゴルフ場でも滑らず歩きやすいように、柔軟性と耐久性を兼ね備えた日本製の素材を使っているんです。そのため、10代から70代までご活躍されているキャディさんの、どの年齢層からも支持を集めています。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒