インタビュー

スペシャリスト

鶴久 長年の夢が叶ったのですね。現在、どのようなお仕事をされていますか?

瀧本 行政書士は許認可申請手続きをはじめ、契約書作成や法人設立など業務は多岐にわたります。今は、遺言や相続など、暮らしの中のお悩みの相談に乗ることが多く、その中で、僧侶としての経験を活かしてお金をかけない永代供養のアドバイスなどもさせて頂いています。

鶴久 相続に関しては、ときにはトラブルになるケースもありそうですね。

瀧本 大きな揉め事にならないよう、入念に事前の対策を考え、できる限りの相談やアドバイスをさせて頂いております。相談を受ける際は、しっかりとお話を伺って、お客様の進みたい方向を一緒に考えることが大切だと思います。

鶴久 お寺で多くの方からお話を伺ってきたという経験が活きているのでしょうね。実際にお悩みを解決されてきて、ここまでの手応えはいかがでしょう?

12738ex01瀧本 開業して間もないながら、少しずつお客様が増えてきています。自分の頑張りが、そのまま結果に反映されるので、大きなやりがいを感じます。

鶴久 独立してお仕事を始められたからこそ得ることのできる実感ですね。また現在は、地元のオーケストラのお手伝いもなさっているとか。

瀧本 筑豊フィルハーモニー管弦楽団という市民オーケストラの事務局員をやっています。昔から好きだった音楽と何らかの形で関わっていきたいと思っていたところ、縁あって務めることになりました。一緒に地元を盛り上げていけるのは嬉しいです。

鶴久 なるほど、分野は違えど、率先して地域の人々を助けているのですね。最後に、今後の目標を教えてください。

瀧本 人と出会うご縁を大切にしながら、自分のペースでこの事務所を継続させていきたいと思います。物事は、まず相談することから先に進んでいくものですから、悩みを抱え込む必要はありません。分からないことを何でもお気軽に相談して頂ける、身近な法律の“便利屋さん”として皆様のお役に立ちたいです。

12738g
GUEST COMMENT

鶴久 政治

いろいろな方の人生に携わってきた瀧本先生ですので、普通の方よりも悩みの受け皿が大きいのだと思います。お話しぶりも穏やかで、どんな悩みも相談したくなる雰囲気があります。行政書士として、そして音楽活動支援も含め、これからも地域の方々のために積極的に活動していかれることでしょう。

1 2


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 時東ぁみ