インタビュー

美容・健康

スガカイロプラクティック

自身がスポーツをしていたことからトレーナーを目指して専門学校に入学。ボディケアの授業により、治療で人を喜ばせる仕事への興味を深める。教諭を通じてカイロプラクティックの師匠に出会い、その整体院にて在学中から勉強。4年間副院長を務めた後、2016年4月にスガカイロプラクティックを開業した。

12737logo
スガカイロプラクティック
住所 〒802-0002 福岡県北九州市小倉北区京町4-5-27
ステーション小倉ビル8F
TEL 093-953-6106
URL http://www.sugachiro.com/

鶴久 開業されたばかりとのことですが、そのきっかけを教えてください。

須賀 開業に踏み切れずにいたとき、師匠から「来年始めてみては」と言われました。1年間みっちり修業を積んで、この院を開くことができたのです。

12737ex鶴久 師匠に背中を押されたのですね。目につきやすい1階ではなく、この8階に院を構えたのはなぜでしょうか?

須賀 一人ひとりに丁寧な治療をして、地道にやっていく自信がありますし、自分に向いているからです。一度いらした患者様が2、3人に紹介してくださる形で少しずつ認知度を高めていきたいです。成果が出るまでに時間がかかると思いますが、誠実に取り組んでいきます。

1 2


amazonからのご注文
2022年5月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、2021年にプロ野球選手生活を終え、野球評論家として新たな一歩を踏み出した鳥谷敬さんがご登場!成長痛や左右転向による不調と向き合った少年時代、才能が大きく開花した大学時代、そして「野球=仕事」という哲学と徹底した自己管理のもと、数々の記録を打ち立てた現役時代と引退後の未来のことまで、その歩みを余すところなく語ってもらいました。ぜひお読みください!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 宮地 真緒 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則