インタビュー

スペシャリスト

木原税理士事務所

福岡県飯塚市にて、祖父の代から税理士事務所を営む家に生まれる。東京の中央大学に進学し、卒業後は一般企業で経理職に従事。その後、家業に入って税理士としてのノウハウを学ぶも、2003年に一念発起して独立し、福岡市内で木原税理士事務所を開業した。以来、着実に規模を拡大している。

木原税理士事務所
住所 〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2-4-22
新日本ビル 5F
TEL 092-716-7139
FAX 092-716-7149
URL http://www.ykj.jp/
 
【RELATED BUSINESS】
● 福岡市M&Aセンター(日本M&A協会理事会員)M&A仲介、企業評価の実施、MBO支援、企業再生支援、コーポレートアドバイザリー、資本政策・経営計画、コンサルティング、企業再編支援
● 人材育成研修(スプリント福岡)
社員研修プロデュース、人事に関するコンサルティング、経営コンサルティング、受託計算業務
● 中国・アジアビジネスコンサルティンググループ
(中国アジアネットワーク事業)
月次巡回監査、財務デューデリジェンス業務、相談顧問、記帳・税務申告代行、企業ドック、年度末業務、新準則への移行サポート業務、IFRS対応業務、連結パッケージ対応業務、企業再編関連業務、設立、各種手続き代行業務、契約書作成支援業務、労務関連相談顧問業務

税理士は、税金のことだけでなく会社運営に関する知識も持っていなければならない─その理念に基づき業務に当たっている木原税理士事務所。「税理士事務所はなぜ存在するのか」という根本的なテーマを常に抱く木原所長に、ミュージシャンの鶴久政治さんが迫った。


家業を離れて自らの道へ

鶴久 木原所長が税理士となられたきっかけから、お聞かせ頂けますか。

木原 私の実家は代々、税理士事務所を営んでいますので、この職を志すのは自然な流れでした。一般企業での勤務を経て29歳から福岡県飯塚市の実家に戻り、父親の事務所に勤めてノウハウと経験を蓄積する日々を送っていました。

鶴久 では、家業を継がずにあえて独立の道を選ばれた理由というのは?

木原 徐々に、私自身で考えるやり方を追求したいという思いが募っていったのです。それを実現するには独立するしかないと考えていた折、福岡市内にあるお客様の事務所内でスペースを借りて仕事をすることとなり、期を同じくして資格試験にも受かったことから、独立開業する決心がつきました。

1 2 3

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年4月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロボクサー・井上尚弥選手がご登場。5月25日のバンタム級世界戦の直前に、試合に向けた意気込みや、挑戦への思いを伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

畑山隆則 矢部 みほ 名高達男 杉田 かおる 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 時東ぁみ 宮地 真緒 駒田 徳広