インタビュー

スペシャリスト

福岡パシフィック法律事務所

所長 / 弁護士 米田 宝広
学業修了後は関西、関東などで一般企業に勤務するも、自営業への強い思いから地元の福岡に戻り弁護士を志す。大学院で知識を身に付け、勉強を重ねて司法試験に合格。その後、福岡パシフィック法律事務所を開いた。

弁護士 末安 大地
一般企業勤務を経て、2015年に最高裁判所司法修習終了。現在は福岡パシフィック法律事務所の一員として、米田所長と連携を図りながら相談者の力となっている。

住所 〒810-0042
福岡県福岡市中央区赤坂1-14-22
センチュリー赤坂門ビル 3F
TEL 092-726-8429
FAX 092-726-8430
URL http://pacific-bengoshi.com/

鶴久 まずは、米田所長が弁護士を目指された思いからお聞かせください。

米田 社会人として歩みつつ、いつかは独立をしたいと思っていました。そして具体的な道を考える中で、様々な問題でお困りの方をサポートできる弁護士という仕事に辿り着いたんです。老若男女、幅広い年齢層の方とお付き合いできるという点にも魅力を感じました。

鶴久 実際に開業されてみて、ここまでの手応えはいかがですか?

米田 開業当初は苦労もありましたが、一つひとつの案件を確実にこなしていくうちに、少しずつ依頼が増えてきました。過去に問題を解決させて頂いた方が新たな相談者様を紹介で連れて来てくださることもあり、嬉しい限りですね。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒