インタビュー

建築

株式会社 わかば塗装

埼玉県入間郡毛呂山町に生まれ育つ。10代で建装業の世界に入り、以降業界一筋に歩む。24歳で独立を果たし、順調に仕事を請け負ううちに規模の大きな仕事も増えてきたことから、法人化を決意。2016年、(株)わかば塗装を設立した。

12726_logo01
住所 〒350-0433 埼玉県入間郡毛呂山町西大久保690-1
URL http://www.wakabatosou.com/

水野 独立10年目の2016年に法人化を果たされたそうですね。主にどういった塗装を手がけているのですか?

伊藤 地元・毛呂山を中心に、一般住宅の外壁・屋根塗装、吹付、防水、シーリングなどをメインに行っています。そのほか、室内の塗装仕上げや塗装に付随する工事も様々に請け負っていますよ。以前はハウスメーカーの仕事を多く請け負っていたのですが、今はお住まいのお客様と直接やりとりしながら、毛呂山に根付いた“地域一番手”の会社を目指しているんです。

水野 外壁や屋根は、新しく家を建てたりするよりも短いサイクルで塗り替えが必要になりますし、何度もお願いする可能性があるという点で、地域のお客様との関係性がとても大切ですよね。

伊藤 おっしゃる通りです。その中で弊社では、お客様に喜んで頂ける提案を増やそうと、扱う塗料にもこだわっているんです。具体的には、オーストラリア発の「アステック」という塗料メーカーと加盟店契約を結んでおり、遮熱・断熱・防水に優れた特殊な塗料をご提供できます。ちなみに、毛呂山では弊社が唯一の加盟店です。

水野 それは、他社との大きな差別化になりますね。ほかに、施工時に気を付けていることなどはありますか?

伊藤 細かなところまで気を遣うことでしょうか。例えば、サビ止め処理用の塗料など消耗品であっても現場をまたいで使うものは、使い終わったらきちんと拭いて綺麗に保ったり、施工時は塗料や備品を綺麗に並べて作業したり。少しでもお客様の目に入る可能性があるものですし、そのときに丁寧な姿勢で仕事をしていたほうが、自分がお客様の立場だったら安心してお任せできると思うんです。

12726k水野 技術や接客といったお客様が直に触れる部分だけでなく、見えにくい部分まで気を付けている方ってなかなかいないと思います。その心がけは、会社の信用に繋がりますね。

伊藤 今後は、このスタンスを貫きつつも、店舗を構えて下請け業者も抱えていきたいと思っているんです。そして、法人化3期目を迎える頃には売上1億円を達成したいですね。具体的なビジョンがあってこそ成長できると思いますし、そのことがサービスの向上、ひいてはお客様の笑顔に繋がるはず。従業員とも目標を共有しながら、規模拡大に向けて邁進していきます。

12726g
GUEST COMMENT

水野 裕子

「25歳までに独立する」という目標を1年前倒しで実現された伊藤社長。その計画性と行動力があれば、今後の目標も一つひとつ着実にクリアしていかれることでしょう。繊細な気配りと顧客目線のスタイルを強みに、毛呂山で一番の塗装会社を目指して頑張ってください!

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年4月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロボクサー・井上尚弥選手がご登場。5月25日のバンタム級世界戦の直前に、試合に向けた意気込みや、挑戦への思いを伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

畑山隆則 矢部 みほ 名高達男 杉田 かおる 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 時東ぁみ 宮地 真緒 駒田 徳広