インタビュー

建築

里崎 目先にとらわれず、確かな仕事を続けたからこそ今があると。2016年には法人化もなさったそうですね。

代表 もともと法人化するのは目標でしたし、従業員も増えたことで、さらに事業を広げたいと思ったのです。塗装がメインの当社ですが、現在は内装工事やハウスクリーニングなども行っています。

里崎 では、仕事において大切にしていらっしゃることとは?

代表 行動力と対応力、そして「お客様第1主義」が当社のモットーです。お客様のご要望を一対一で伺い、現場経験と専門知識を活かし、塗料や刷毛も最適なものをお選びしたうえで最高の施工を行います。もちろん、ご納得頂けるまで親身に寄り添い、アフターサービスも丁寧にいたします。プロの職人であれば技術は高くて当然で、それ以外の部分まで妥協しないことが大切だと思うんです。

里崎 塗料も日々改良されているでしょうから、新たな知識を吸収し続けるのは骨が折れそうですが・・・。

代表 大変ではありますが、苦ではありません。というのも、お客様からのご要望に応じ、質問にお答えできればやはり喜んで頂けますし、そうした反応を見ると私たちとしても嬉しいからです。塗装や内装工事は安い買い物ではないので、「自分がお客様の立場だったら」ということを常に意識しながら、より良い施工を手がけられるよう励んでいます。こうした考えは、従業員とも共有しています。

12681k01

里崎 誠実でいらっしゃいますね。では、今後についてはいかがお考えですか?

代表 地域の方々から「塗装なら『leap-g』に頼めば安心」と思って頂ける会社にしたいですね。また、「leap」は“飛躍する”、「g」は“グループ”のgなのですが、その名の通り、従業員や元請、協力会社も含め、皆で飛躍していければ幸いです。そしていずれは、独立志望の従業員が当社から巣立ち、高みを目指す仲間として共に仕事ができればと思っています。

GUEST COMMENT

里崎 智也

私の父も大工で、丁寧な仕事にこだわりを持っていたので、代表の仕事に対するスタンスと重なって見える部分がありました。また業界は違えど、私も長期的視野を持って仕事をしてきた自負がありますから、受注した仕事を真摯に行う代表の姿勢には共感します。この先もぜひ、飛躍を目指して頑張ってください!

1 2


amazonからのご注文
2019年7月号
COMPANYTANK 2019年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、(株)新日本科学の代表取締役会長兼社長兼CEOの永田良一氏がご登場!国内外で積極的に事業拡大を図ってきた同氏から、ビジネスのヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 畑山隆則 宮地 真緒 時東ぁみ