インタビュー

不動産

株式会社 正和不動産

神奈川県出身。学業修了後に不動産業界へと進み、不動産販売会社、賃貸物件の管理会社で経験を積む。勤務時代の取引先として関係を築いた(株)正和不動産の先代が他界したことにより、会社を引き継ぐべく起業。創業60年の看板を背負い、事業に励んでいる。

地域密着創業60年 不動産のトータルアドバイザー
株式会社 正和不動産
住所 [高円寺本店]〒166-0002
東京都杉並区高円寺北3-23-7
高円寺STビル2F
[中野支店]〒164-0001
東京都中野区中野5-67-11 2F
URL http://www.seiwa-tn.com/

原田 創業から60年の不動産会社とのことですが、それだけの歴史を持つ会社を経営するに至った経緯というのは?

12675ex01

秋元 この正和不動産は、私が以前勤めていた不動産販売会社の取引先だったんです。当時から二代目の奥様には「次の後継者がいないから、後を継いでほしい」と冗談交じりに言われていたのですが、病気で奥様が亡くなり、一度は廃業になってしまって──。それを引き継ごうと、私が看板だけ親族の方から頂いて設立したのが、当社になります。

原田 それは先代も喜ばれているでしょう。また、お父様も大工として開業されていたそうで、独立に際して影響を受けた部分も大きかったのではないですか?

秋元 実は以前、父が引退して会社を休業するという話が持ち上がり、当社を立ち上げるタイミングで父の会社も継承することにしたのです。そのため現在は賃貸・売買物件のほか、建物のリフォーム・リノベーションなども手がけています。
 実際、不動産業をしていると工事やリフォームの話を受けることが多いんです。その際、ワンストップで受注することでコストカットに繋がり、結果として良質な工事を安価で提供できますから、お客様には好評を頂いています。

1 2

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年1月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭には元全日本女子バレーボール選手・木村沙織さんがご登場。半生を振り返って頂きながら、第一線で活躍し続けられた要因を伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 名高達男 川﨑麻世 時東ぁみ 杉田 かおる 宮地 真緒 駒田 徳広 畑山隆則