• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 ティーディー 代表取締役 / 第1種電気工事士 平良 学

インタビュー

建築

現場一線から任せる立場へ

時東 今は順調に事業展開をされていますが、独立当初は苦労もあったのでは?

平良 いえ、それまでに築いた人間関係を活かしながら仕事をしていたので、実際は勤務時代とあまり変わらなかったですね。法人化をする際にも、一緒に働いていける仲間を増やしてしっかり土台を作った上で決断したので、不安はありませんでした。それに、手に職を付けてさえいれば万が一事業が失敗しても職人として1からやり直せるだろうという自信を持っていましたから。

時東 計画や準備を怠ることなく、かつ前向きに行動される姿勢に頼もしさを感じます。

平良 前職の職場には日系のブラジル人やアルゼンチン人のスタッフが多く、私が独立する際に付いて来てくれたスタッフの1人も日系アルゼンチン人でした。言葉の都合上、コミュニケーションが上手く取れない中でも明るく働く彼らを見て、前向きな気持ちや元気をもらえたのかもしれませんね。

時東 お仕事の際は、社長ご自身もまだ現場に出られているのですか?

平良 現場が忙しい時にはやる気満々で出て行くのですが(笑)、スタッフの成長のためにも、少しずつ一歩引いて見守る立場になることも必要かなと思っています。昨年に経験豊富な人材が部長として入社してくれたおかげで、最近はより現場を任せられるようになりました。その部長の企画で、各スタッフに「会社が5年後にどうなっているか」ということを紙に書かせてモチベーションアップに繋げたり、比較的リスクが低くスタッフに任せやすい現場を取ってきたりと、工夫もしていますよ。

時東 その中で、スタッフの方に常に伝えていることはありますか?

1 2 3


amazonからのご注文
2022年5月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則