インタビュー

サービス

里崎 笑顔が少ないのも当然ですね。

佐藤 だけど子どもたちは悪くなく、無駄に叱られすぎという感覚がすごくあったので、まずは私のいた塾だけでもマイナスなストロークではなく、プラスのストロークを行うことを徹底しました。また、授業の際も“モンスト”や“パズドラ”のように単元をクエスト式にするなどゲーム的な要素を取り入れたことで皆のモチベーションがグッと上がり、テストの成績が向上して子どもたちの笑顔も増えたんですね。

里崎 塾を中心に好循環を生み出したというわけですね。ではなぜ、そこから今のデータ配信事業に?

佐藤 子どもたちのモチベーションが上がる一連の流れを“数値化”できたら、面白いことが分かるのではないかと考えたからです。ただ、それを実現するうえで1つの塾にいただけでは難しいと感じ、じゃあ数値がたくさん落ちている業界はどこだろうと考えたとき、野球やサッカーといったプロスポーツの分野に行き着いたというわけです。

里崎 なるほど。確かに私のいたプロ野球の世界は“数字のスポーツ”と言われるくらい、打率や防御率をはじめ本当にたくさんの選手データが細かくはじき出されていますよね。

1 2 3


amazonからのご注文
2020年5月号
COMPANYTANK 2020年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元マラソン選手の有森裕子さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 駒田 徳広 名高達男 矢部 みほ 鶴久 政治 時東ぁみ 杉田 かおる 水野 裕子 畑山隆則