インタビュー

スペシャリスト

H Lab 株式会社

人材採用コンサルティングの会社に勤め、大手金融機関の新卒採用にプロジェクトマネージャーとして携わるなど、多くの実績を積む。2016年に独立し、H Lab(株)を設立。人材採用業務をトータルで請け負える貴重な存在として、各方面で活躍している。

12646logo
H Lab 株式会社
住所 〒106-0047
東京都港区南麻布1-5-8 南麻布スキップフラット 101
TEL 03-6459-4722
FAX 03-6459-4727
URL http://www.h-lab.co.jp/
MAIL info@h-lab.co.jp

大手企業が新卒採用を行う際、応募者はときに1万人を超える。それだけの数の中から必要な人材を選ぶためには、確たるノウハウを持ち、運用できるスペシャリストが必要だ。そのうちの1人、日本では数少ない存在であるH Lab(株)の永野社長に、タレントの水野裕子さんがお話を伺った。


人事部の実情と、専門家へのニーズ

水野 人材採用のプランニングやマネジメントをお仕事にされているそうですね。かなり対象が限定されるスペシャリストという印象があります。

12646t永野 マニアックな上、人事評価や守秘義務もありますから、ほとんど表には出てこないですね。セミナーの開催やブランディング、エントリーシートの体裁や評価基準の作成など、メインとなる仕事は企業の人事部がやっていることと同じです。ただ、企業の人事部の方々は往々にして人事の専門家ではありません。他部署から異動してきて、長くても3年が経てばまた異動してしまうため、運用のノウハウが定着しない─そこで、私のように採用に関するノウハウを持つ人間に声がかかるというわけです。1万人の応募者を的確に見極める方法や、全国規模で採用活動を行う際のチームの組み方などのノウハウは、そう簡単に得られるものではありませんからね。

水野 新卒採用は1年に1回。3年では、ほとんど経験が得られないでしょうね。

1 2 3

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年1月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭には元全日本女子バレーボール選手・木村沙織さんがご登場。半生を振り返って頂きながら、第一線で活躍し続けられた要因を伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 名高達男 川﨑麻世 時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 駒田 徳広 畑山隆則