インタビュー

卸・販売

水野 人に恵まれてこられたのですね。

前田 本当にそう思いますね。現在、良質な商品を取り揃えられるのも、その頃から市場との繋がりを築いてこられたおかげです。特に内臓肉などは直接問屋から仕入れることで、新鮮な状態のままお客様のもとにお届けできます。

水野 積み重ねが事業に活きているんですね。食肉業界では時折、狂牛病や鳥インフルエンザなどが問題になりますが、そうした被害は受けなかったのですか?

前田 いえ、弊社も例外なく影響を受けて、売上が一気に落ちたこともありましたよ。騒動の中で廃業する同業者も多かったのですが、私は逆に、そうした時期こそ取引先の新規開拓を行えるチャンスだと捉え、安全な肉を確保すると共に営業を強化しました。インターネットなどで飲食店を調べ、資料を作って一軒一軒アプローチしていったのです。その甲斐あって、徐々にですが、反響が出てくるようになりました。

水野 営業という点で言えば、ホームページも綺麗で分かりやすいものを用意されていますよね。

前田 これは、新しく入ったスタッフの提案です。食肉業界でホームページを作るというのも珍しいので、最初は私も半信半疑でしたが、彼の情熱を感じて任せてみたところとても上手くいき、今ではホームページを介した問い合わせがすごく増えているんです。飲食店も、仕入れの見直しをしたがっているのでしょう。

12645k01

水野 新規開店する場合など、繋がりを持たない方には特にありがたいと思います。では、今後についてはいかがですか?

前田 私とスタッフ、その家族の幸せのためにも、取引先を増やしていくつもりです。そしてベースが安定すれば、いずれは自分の飲食店を持つことも視野に入ってくるかもしれませんね。まずは一歩ずつ、着実に進めて参ります。

GUEST COMMENT

水野 裕子

当初は、飲食店で出される料理のことまでは分からず、勉強の日々だったという前田社長。しかし努力の末、今では料理との相性を踏まえた提案ができるそうです。卸業者がそこまで考慮してくだされば、お店もより美味しい料理が作れるでしょうね。この先も実直な姿勢で、良質なお肉を提供し続けてください!

1 2


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則