インタビュー

卸・販売

株式会社 前田商店

東京の食肉市場で父親が長く勤務していたことから、自身も同じ道に進む。数社で経験を積んだ後、父親が設立した食肉卸店で共に勤務。事業を受け継ぎ、2011年に法人化。現在はWebを駆使した広報活動も行いながら、事業展開を進めている。

株式会社 前田商店
住所 [本社]〒182-0001
東京都調布市緑ヶ丘2-12-66
[品川営業所]〒142-0043
東京都品川区二葉2-24-9
URL http://www.maeda-shouten.co.jp/

水野 前田社長が、食肉の世界に入られたきっかけというのは?

前田 父がこの仕事をしていたことですね。私はもともと設計の仕事に就いていたのですが、父と同じ仕事をしたいと思って食肉店に転職したんです。それで修業を積んでいたところ父が、勤めていた会社の顧客を引き継ぐ形で独立することになりまして。私は当初、父の会社とは取引する側だったのですが、持病を抱える父が重い荷物を運んだりしながら働く姿を見ていて心配になり、のちに一緒に働くようになりました。現在は父が一線を退き、私が代表となっています。

水野 繋がりがものを言う特殊な業界だと思いますが、外から入る上でお父様の存在は大きかったのではないですか?

前田 それは強く感じました。門外漢だった私ですが、市場の人たちは「前田の息子か」と受け入れてくださって、市場における父の信頼を実感しましたね。また、勤めていた会社の社長も、私が父と一緒に仕事をすることになったとき、わざわざ私を連れて市場をまわり、口をきいてくださったんです。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒