インタビュー

スペシャリスト

Right Stuff 株式会社

東京都出身。早稲田大学卒業後は(株)帝国データバンクに入社し、数多くの企業および経営者と出会う。7年間の勤務を経て(株)リクルートキャリアに転職、人材育成の経験を積む。2015年11月に独立し、Right Stuff(株)を設立した。

Right Stuff 株式会社
住所 〒151-0063
東京都渋谷区富ヶ谷2-15-1
URL http://rightstuff.oops.jp/corporatesite.rightstufftekizaitekisyo.co.jp/

石黒 市川社長はまだお若くていらっしゃいますが、はじめから起業への思いをお持ちだったのですか?

12516_t01市川 ええ。自分の力で社会に貢献したいと思い、学生時代からいずれは起業したいと考えていました。新卒で入社した帝国データバンクで、社会貢献や社員について真剣に考えていらっしゃる経営者の方々と出会えたことも、モチベーションを高める要因になりましたね。

石黒 では、独立のタイミングというのは?

市川 ものやお金の動きを帝国データバンクで学んだ後、人の部分についても学ぶべく一度、リクルートキャリアに転職しました。そこで人材育成の経験を積んで、2015年11月に独立起業をした、という流れですね。

石黒 ということは、現在も人材育成に関わる事業を手がけていらっしゃるのですか?

市川 はい。当社の事業は、学生や新社会人向けにビジネスの考え方や企業の本質を研修などで伝える、ビジネス支援コンサルティングです。社会人になる直前・直後というのは、個人のキャリアにおいて非常に重要なポイント。そのタイミングで、私がこれまでに培ってきた経験を活かして「企業の本質を見極め、実践に活かせるノウハウ」を伝えることができれば、一人ひとりが活躍する足がかりになるのではないかと考えています。

石黒 どこにチャンスがあるか分からないまま働くのは不安でしょうから、企業や人材育成について精通していらっしゃる方からアドバイスを頂けるというのは、新社会人にとってとても心強いと思います。

市川 今は集合研修がメインですが、インターネットを利用したマンツーマンでの研修も準備中です。企業内研修においては、その企業の方針や意向もしっかりと汲んだうえで、それぞれの社員が活躍の場を得られる適材適所での育成を心がけています。

石黒 私の所属していた会社でも、マネージャーが事務職になったり、その逆のケースがあったりして、それが思わぬ好転に繋がることもあったので、適材適所を重視されている御社の方針には感銘を受けます。

市川 ありがとうございます。2016年4月には人材紹介業の免許も取得しましたので、今後は個々人に合った職場を紹介し、その後のフォローアップまでトータルで支援できる会社を目指したいですね。

12516_g01
GUEST COMMENT

石黒 彩

社名の「Right Stuff」は、“正しい資質”という意味で、「一人ひとりがフィットした場所と教育を与えられることで、持てる資質を十分に発揮してほしい」という市川社長の思いが込められているそうです。社長の事業を通じて、資質を開花させる人材がたくさん育っていくことを期待しています。

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年10月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロ野球選手・井口資仁氏がご登場!現役引退直前に何を思うのか──氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 矢部 みほ 宮地 真緒 川﨑麻世 鶴久 政治 駒田 徳広 杉田 かおる 時東ぁみ 畑山隆則 大門正明