インタビュー

不動産

大門 素晴らしいエピソードです。それで、再び家業に戻られたのですか?

近藤 ええ。ただ、時代の煽りを受けて業績は厳しく・・・。そんなときに、会社を訪ねてきた不動産営業マンに土地活用についての説明を受ける機会があったのですが、専門用語ばかりで全く頭に入ってこないんです。そのまま丸め込まれてしまうのが悔しくて、自分でも不動産業の勉強を始めることにしました。そのことをきっかけに宅建資格も取得。資格を活かすべく、家業と二足の草鞋を履いて知人の不動産会社の仕事を手伝うようになったのです。その後は不動産の世界で生きていく覚悟を決め、正式に不動産会社での修業を経てこの度、ついに起業することができました。

大門 現在は主にどのような事業を?

近藤 事業用不動産の賃貸・売買仲介業務が主です。また、不動産活用アドバイザーとしても活動しています。人口が減少傾向にある地方では特に、既存の建物を上手に活かしていく必要があります。また高齢化社会でもありますから、高齢者の方々が、住宅などの資産をより良い形で次世代に引き継いでいくためのアドバイスなどもさせて頂きたいですね。
 そして、ゆくゆくは「笑う」に「倍」と書いて“笑倍繁盛サポーター”も務められたらなと。当社のお客様は事業主や物件オーナーであることが多いので、皆様に収入面だけでなく笑顔も増やして頂けるような、人生が豊かになる不動産運用を提案できればと考えています。

12511k01

大門 不動産で人生をサポートすると。

近藤 私は、不動産はツールの1つだと思っています。だからこそ、お客様が人生で大切にしたいものなどをお聞きしたうえで、それらを考慮した不動産を提案したいのです。そのための情報を私がきちんと整理し、大きな「ボストンバッグ」に詰め込んでいく。そして、それをお客様が歩まれる人生という旅のお供にして頂ければ、何より嬉しく思います。

GUEST COMMENT

大門 正明

「これまでの人生、どんなときにも友人が支えてくれた」と近藤社長。そんな仲間に恵まれたのも、社長の人徳あってのことでしょう。ちなみにロゴの取っ手には、その下に一人ひとり違った形のバッグが付けられるように、という思いが込められているとか。社長の手で、たくさんのバッグに夢や希望を詰め込んでいってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 時東ぁみ 宮地 真緒 鶴久 政治 水野 裕子 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則