インタビュー

医療・福祉

大門 ご自身で実感してこられたのであれば説得力がありますね。1つの治療法だけを突き詰めるわけではないということですな。

戸田 はい。私は鍼灸師が鍼灸の技術だけに収まるのはもったいないと思っているんです。漢方や食事療法など、様々な知識を身に付け組み合わせれば、もっと効果的な治療ができるはず。私は専門学校ではスポーツ学科も出ているためリハビリテーションの体操や運動の指導ができますし、アロマセラピーの資格も持っています。そういった多角的なアプローチによって患者様の心身の健康を支えられたらと。

大門 素晴らしいお考えです。2016年1月の開院と伺いましたが、それだけ真摯な姿勢でいらっしゃるなら、来院者も多いことでしょう。

戸田 ありがたいことに、1年目にしてはたくさんの患者様が通ってくださっています。リピーターの方もいらっしゃいますが、施術によって症状が改善することが大切ですから、毎週来てほしいというような思いはありません。月に1度、半年に1度など体調に合わせて、身体のメンテナンスに来て頂ければ幸いです。

12506k01

大門 あくまで患者さん目線で考えていらっしゃるところに感銘を受けます。まだお若くていらっしゃいますが、今後の展望などはお持ちですか?

戸田 先程もお話ししたように、体操教室やアロマなど、鍼灸師の枠を越えた活動ができればと思っています。究極の理想形は、鍼灸や薬膳、アロマ、トレーニング施設、温泉など、患者様の健康をトータルで支える施設を作ること。今はまだアイデアの段階なので、まずはこの鍼灸院で一人ひとりの施術を丁寧にこなしながら、社会に貢献していきたいですね。

GUEST COMMENT

大門 正明

お若いながら、ご自身の考えやビジョンをしっかりと持っていらっしゃり、お話ししていて頼もしさを感じました。私は日頃から腰の痛みに悩まされているので、仕事で名古屋を訪れることがあれば、ぜひともこちらの院で診て頂こうと思います。

1 2


amazonからのご注文
2021年11月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 美穂 時東ぁみ 名高達男 宮地 真緒 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則