インタビュー

サービス

大門 初めて聞いた言葉ですが、それはどういったものなのですか?

梅田 一口に言えば、自動車に専用フィルムを貼ることでボディカラーやデザインを変える施工です。塗装ではなくラッピングなので、色やデザインの変更もフィルムを剥がすだけで簡単に済んでしまうのが特長。ボンネットやルーフなどのポイントラッピングもできますよ。

大門 やり直しが利くとなると、塗装よりも気軽に楽しめていいですね。

梅田 ええ、さらにフィルム部分は洗車をするだけで汚れが除去でき、メンテナンスも簡単なんです。また、フィルムを貼ることで本来の塗装を保護する役割も果たしますから、仮に手放すことになっても買取金額には影響しません。

大門 いいこと尽くめですね。もっと注目されても良さそうなものですが──。

梅田 そうですね。もともとヨーロッパ発祥の技術で、日本で紹介されてからは日が浅いのです。特に、都心部と違ってこのあたりの地域ではまだまだ浸透していないのが現状。ですから、今後はカーラッピングの認知度の向上に努めていきたいと思っています。


12503_カービューティ_ex01大門
 では最後に、未来のお客様に向けてメッセージを頂けますか?

梅田 当店ではカーラッピングのほかに、コーティングやルームクリーニング、オートフィルム、プロテクションフィルムなどのサービスも取り扱っています。そうして、あらゆるご要望にお応えできるように備えておりますので、どんなご相談でも、まずは気軽にお申し付け頂ければ幸いです。

12503_カービューティ_g01
GUEST COMMENT

大門 正明

「昔から、技術で人を喜ばせる“職人”に憧れがあった」と梅田代表。今もその純粋な思いで、技術の向上に努めていらっしゃるそうです。好きなカラーやデザインでラッピングすれば、車への愛着も増すはず。車にこだわり、自分の個性を出したいという方には特におすすめです。

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 宮地 真緒 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則