インタビュー

スペシャリスト

オーツェイド 株式会社

大手非鉄金属メーカーや大手電子部品メーカーに勤め、30年以上にわたってセラミックを用いた圧電デバイスの開発に携わる。そのなかで培った技術とノウハウを活かすべく、2014年の独立後は技術コンサルタントとして国内外の製造業者の技術支援を行い、2016年にオーツェイド(株)を設立。現在はセラミックを用いたハイレゾ対応イヤホンの開発に注力している。

12460_logo01
オーツェイド 株式会社
住所 〒370-0862
群馬県高崎市片岡町3-1-20
TEL 027-395-0866
URL http://www.o2aid.com/

セラミックを用いた商品の開発・研究を技術的な面からサポートするオーツェイド(株)。この道一筋で歩んできた渡部社長が今最も力を注ぐのが、セラミックの性能を活かしたハイレゾ対応イヤホンの開発だ。ミュージシャンの鶴久政治さんも驚く、技術の先端に迫った。

30年のノウハウを技術支援に活かす

鶴久 渡部社長は、もう四半世紀以上もセラミックを扱っておられるそうですね。

渡部 ええ。かつて勤めていた大手非鉄金属メーカーや大手電子部品メーカーでは、ともに技術職として様々な商品の研究開発に携わりました。2000年には世界初となる積層型圧電スピーカーの開発・事業化にプロジェクトリーダーとして参画し、メディアからも大きく取り上げて頂きました。

鶴久 なるほど。その経験と実績を以て独立されたと。

渡部 もともと技術者として誰もやっていないことを束縛なくやってみたいという気持ちもあったので、思い切って会社を立ち上げることにしたんです。現在は、私自身が培ってきた技術やノウハウを企業様の商品開発・研究に役立てる、技術支援事業を主に手がけています。嬉しいことに、すでに国内外の様々な分野の企業様からお声がけ頂いています。

鶴久 その中で、社長が特に力を入れていらっしゃるお仕事はありますか?

渡部 これは前職の会社から再びお声がけ頂いたことがきっかけで携わった技術なのですが、圧電セラミックスを用いたハイレゾ対応イヤホンの開発とその支援─この仕事に、今は心血を注いでいます。特許も出願中の独自技術を組み込んだ手作り試作品ですが、自信作ですので、ぜひ音楽のプロである鶴久さんにも試して頂きたいです。

1 2 3

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年1月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭には元全日本女子バレーボール選手・木村沙織さんがご登場。半生を振り返って頂きながら、第一線で活躍し続けられた要因を伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 名高達男 川﨑麻世 時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 駒田 徳広 畑山隆則