インタビュー

サービス

万哲 株式会社

神奈川県出身。長年にわたり鉄道会社でバスの運転手を務める。体力面や時代の流れを鑑み、50歳での起業を目標に事業を模索する中で、画期的な衛生製品と出会う。妻や仲間の応援を受け、2016年1月に起業した。

万哲 株式会社
住所 〒246-0035
神奈川県横浜市瀬谷区下瀬谷3-21-14
URL http://www.mantetsu-ke.co.jp/

川﨑 抗菌や抗ウイルス効果のある特殊な製品を扱っていらっしゃるそうですね。以前からこうした健康・衛生管理業界に携わっておられたのですか?

渡辺 いえ、前職では鉄道会社でバスの運転手を務めていました。バスのように人が密集する空間では、お客様がインフルエンザやノロウイルスにかかる可能性が高くなるので、自然と感染予防に気を配るようになったのです。その中で、空気清浄機よりも効果的かつエコな方法で抗菌ができる製品を探した結果、この「ナノダイヤモンド触媒」に辿り着きました。

川﨑 こちらは、具体的にどういった仕組みで抗菌されるのでしょう。

渡辺 端的に言うと、酸化還元反応を利用することで、空気中を漂うウイルスやカビ、ニオイの原因を分解し、消滅・不活性化するのです。もともとは美術館に保存されている作品の劣化を防ぐためにロシアで開発されたもの。それを日本の研究者がトイレやキッチン、バスルームといった住宅設備や衣服などに塗布できるように改良しました。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒