インタビュー

製造・技術

株式会社 橘

1975年に「タチバナケース」へアルバイトとして入社して以来、会社の発展に尽力。2013年には先代から経営を任され(株)橘の取締役社長に就任する。1970年創業の歴史を受け継ぐとともに、自分のカラーを出すべく新しい取り組みにも挑戦している。

12345logo
株式会社 橘
住所 〒110-0015
東京都台東区上野2-10-1 第3政木ビル 1F
TEL 03-3839-8462
FAX 03-3839-8468
URL http://tachibana-adspot.com/

矢部 創業者である先代から2年ほど前に経営を任されたとか。現在はどのようなサービスを展開されているのですか?


12345s越水
 宝飾・貴金属・アクセサリーの販売備品を広く提供しています。ジュエリーを陳列するショーケースの制作やディスプレイのレンタル、ブランドカラーやロゴイメージに合わせたパッケージ類の作成など様々。最近では見本市などの展示ブースの施工、サポートなどの仕事も増えてきていますよ。1970年の創業以来、お客様の声に真摯に耳を傾け最良の提案に努めるなかで、サービス内容の幅が広がっていった感じですね。

矢部 真摯に企業努力を続けた結果として今があるというわけですね。そのなかで御社の強みはどこにあるのでしょう。

越水 お客様のご要望やイメージを具現化できる技術力の高さでしょうか。商品の見せ方一つで魅力的な商品に映るか否かが決まってくるだけに、求められるレベルも年々高まっていると感じますが、それを上回る提案ができるだけのノウハウを積み重ねてきたつもりです。

1 2

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年1月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭には元全日本女子バレーボール選手・木村沙織さんがご登場。半生を振り返って頂きながら、第一線で活躍し続けられた要因を伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 名高達男 川﨑麻世 時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 駒田 徳広 畑山隆則