インタビュー

教育・スクール

あすなろ進学塾

関西大学教育学部を卒業後、学習塾に就職。塾の講師を務めながら家庭教師としても活動する。30歳を前に独立し、個人で学習塾を設立。マンションの一室から「あすなろ進学塾」をスタートさせる。

あすなろ進学塾
住所 〒661-0977
兵庫県尼崎市久々知1-19-5
TEL / FAX 06-7165-4036
URL http://bccweb.bai.ne.jp/asunarojuku/

畑山 今永塾長は、教育畑一筋でいらっしゃるそうですね。

今永 はい。大学卒業後に学習塾に就職し、講師を務めながら家庭教師としても働いていました。ピーク時には生徒数が100名を超え、3教室を構えていたこともあります。しかし規模が大きくなってみて初めて、「これは私が目指していたスタイルではないな」ということに気づかされたんですね。

12319_t01畑山 すると、今永塾長が目指す学習塾のスタイルというのは?

今永 私自身が生徒一人ひとりのことを理解したうえで塾を運営することです。塾講師として勤務していた頃、「塾経営は経営7割、教育3割でなければ成り立たない」と言われたことがありました。しかし私は“教育7割、経営3割”でどれだけやれるか試してみたいという気持ちが大きかったんですね。そこで現在は小学校1年生から高校3年生まで、生徒数は最大で60名までと定めたうえで、生徒一人ひとりの成長をサポートしていきたいと考えています。

畑山 長きにわたり教育業界に携わるなかで、理想の塾のありかたを実現されたのですね。では授業をする際、どんなことを大切にされているのでしょう。

今永 学びたいという欲求は“興味”から始まります。そして興味があることについて知っていく過程で、関心のないことも付随的に学んでいくのが理想だと思っています。もちろん一人ひとりの興味の方向性は違いますから、良い授業をするにはそれを知ることが必要不可欠。興味の範囲が狭いのであれば、それを広げてあげることも大切です。そのため勉強とは別に、毎回必ず何らかの雑学的な知識を話すようにしていますよ。

12319_k01畑山 「興味があることは意欲的に学ぶ」という摂理を、うまく学習に結び付けておられると。自主性を育むという意味でも素晴らしい発想だと思います。

今永 また、生徒たちが能動的に学べるようになるうえで大切なことは3つあると思っています。まずは「規則正しい生活を送ること」。これによって計画を立て効率よく学習できるようになります。次に「良い人間関係を築くこと」。友達との間でもそうですが、ここで一番大切なのは親子の関係性です。親と子どもが、共に成長していける関係性が理想ですね。そして最後、3つ目が「自分の能力より少し高めの目標を立てること」。小さな目標を積み上げることが、自己の進歩や成長に繋がるのです。
 これらを大切に、当塾の子どもたちには目標を達成していける強い心と様々なことに興味を持てる豊かな心、それから人としての優しさを持った人間になってほしいと願っています。

12319_g0101
GUEST COMMENT

畑山 隆則

あすなろ進学塾さんでは日々の勉強だけではなく、塾生みんなで野外合宿を行ったり、クリスマスパーティーをしたりという機会も設けているのだとか。勉強以外の場所で見えてくる一人ひとりの個性も大切にした指導を心がけておられる姿勢に感銘を受けました。

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年10月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロ野球選手・井口資仁氏がご登場!現役引退直前に何を思うのか──氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 矢部 みほ 宮地 真緒 川﨑麻世 鶴久 政治 駒田 徳広 杉田 かおる 時東ぁみ 畑山隆則 大門正明