• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 野元メンテナンスサービス 代表取締役 野元 一真

インタビュー

サービス

ニーズに応え、多様な仕事に対応

今岡 仕事への覚悟や真剣味を感じます。現在はエアコンクリーニング以外にも、業務の幅を広げておられるとか。

野元 はい。お取り引き頂いている方々から次第にハウスクリーニングの要望が増えてきまして、そのニーズに応えるべく新たに仕事を覚えて対応できる体制を整えました。そうすると今度は、クロスやフローリングの張り替えも依頼されるようになり、最初は外注業者に頼んでいたのですが、自社でできるようになったほうがお客様も楽だし、我々の仕事もスムーズになるということで、さらに新たな技術を身に付けました。おかげさまで、今ではむしろハウスクリーニングの仕事がメインになってきていますよ。

今岡 ニーズに応えながら業容を拡大されたと。確かに窓口を一本化できるなら、依頼する側からしたらありがたいです。

野元 複数の業者が出入りするようになると、どうしても時間や手間が生じてしまいます。その点、弊社には全ての作業に対応できる腕のいい自社職人がいますし、そうなるとコストも下げられます。この高品質・低価格を強みとして、事業展開をしているのです。

今岡 様々な業界でサービスの質が向上している昨今、最近では職人と言えど現場の技術はもちろんのこと、接客のスキルなども求められていると思います。

野元 本当にそう思いますね。特に我々の仕事は現場にお客様がおられることも多いため、いかに相手の気持ちを汲み取り、お客様の立場に立った仕事ができるかが非常に大事です。無理難題を言われたとしても、その理由がどこにあるのかを考え、自分の悪かったところを探していく姿勢を持つことで、自身がさらに成長していけるのだと思っています。

 
11975_ex0201

1 2 3


amazonからのご注文
2021年11月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 美穂 時東ぁみ 名高達男 宮地 真緒 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則