インタビュー

不動産

年商100億の目標と思い描く未来

杉田 2015年8月には会社設立2周年を迎えられました。この先の目標や展望についてはいかがでしょうか?

今川 「超人間中心経営」のスタイルを大切にしつつ、5年後を目処に年商100億円の企業になることを目指す。これが数字的な目標ですね。ただ、私にはそれ以上に叶えたい長年の夢があるんです。それは都心のどこかにスタジオジブリの作品世界をモチーフにした“ジブリランド”をつくること。誰もが楽しめる、素敵なテーマパークをつくりたいんです。
k01

杉田 それは壮大な計画ですね!

今川 もちろん、すぐにというわけにはいきませんが、資金力、コネクション、あらゆる方面で着実に力を蓄え、いつかチャンスがやって来たら必ず実現したい。それがディズニーランドと双璧を成すようなものになれば、何も言うことはありませんね。

g01
GUEST COMMENT

杉田 かおる

「よく“点を繋いで線にすることが大事”と言う人がいますが、それでは進んでいる方向しか見えません。私は関わる全ての人の顔が見えるよう、円をつくりたい」とおっしゃっていた今川社長。人間を事業の中心に置かれる社長の哲学を象徴するお言葉だと感銘を受けました。この先繋いでいく点がどんな大きな円になるのか、私もとても楽しみです。

1 2 3


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則