• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • アイ・ティ・エム・プランニング 合同会社 代表 今津 英幸

インタビュー

スペシャリスト

鶴久 それは候補者の方々にとって、頼もしい限りですね。実際の制作にあたっては、どのようなことを心がけていらっしゃいますか?

今津 政治家というのは、改革への想いや世の中へのメッセージを強く持っていなければならないもの。ですから、政策自体は候補者様ご自身に考えて頂き、私はそれを形にしていく、というスタンスをとっています。もちろん、選挙での戦い方などに関しては、誠心誠意アドバイスをさせて頂きます。

鶴久 2016年からは18歳も有権者になりますし、今後はより幅広い年齢層に響く宣伝ツールが必要になりそうですね。

今津 そうですね。他にその地域の特性や候補者の人柄、政策内容なども重要なファクターになるので、それによってもツールのデザインや色合い、雰囲気を変化させています。

11904k01

鶴久 お話を聞いていると、代表自身、選挙への豊富な知識とご経験をお持ちですし、今後引き合いも増えていきそうだと感じます。この先のビジョンについてはいかがでしょうか?

今津 私は自分の身近にいる人たちをまず笑顔にして、そこから世の中に笑顔の連鎖を生み出していくことが政治の根本だと考えています。ですから私と同じ熱いお気持ちで政治活動をされる方なら、新人・ベテラン問わずサポートして差し上げたいですね。そうすることで、少しでも多くの方々と幸せを共有していける仕事ができたら、と思っています。

GUEST COMMENT

鶴久 政治

世を変えたい一心で、20年以上にわたり政治の道をひた走ってこられた今津代表。自己をプロデュースし、いかに大衆の心を掴んでいくか、という点で政治家は芸能人に通ずるところがあると感じました。自身の経験を活かし、候補者の力となって差し上げてください。

1 2


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則