インタビュー

スペシャリスト

石黒 お仕事をされる上でどういったことを心がけていらっしゃいますか?

千葉 お客様とはこまめに連絡を取り合うようにし、訪問させて頂くこともしばしばありますが、お客様には喜んで頂いております。それから専門用語はできるだけ使わず、分かりやすく噛み砕いて説明するようにしているんです。

石黒 弁護士の“先生”というとお堅い印象があったのですが、千葉所長はやわらかい雰囲気で話しやすいです。相談するお客様も安心されると思います。

千葉 まずは世間話を交えてリラックスできる環境をつくりながら、お客様にあらゆる悩みをお話し頂きます。このとき私は“虚心坦懐”の精神で先入観を持たずに全てを受け止めます。そうすることで初めて、お客様が何を問題にしているのかが分かったり、また、お客様自身が気付いていない問題が見えてきたりするんですね。その上で私は想像力を働かせながら、法的な知識を駆使してお客様の問題を解決するための方法・手段を考えていきます。こうしてお客様の生の主張を、法律的に構成していくわけですね。

11650k01

石黒 自分ではどうしようもなかったことが、専門家に助けてもらえるとなると心強いですね。最後に、今後の展望は?

千葉 まずはスタッフを増やし、規模を大きくしていきたいと思います。弁護士の方であれば、一従業員ではなく私と対等な立場で共に磨き合えるパートナーのような関係が理想ですね。そうして、事務所をますます発展させていければと。
 それから、社会で本当に困っている人を救いたい。たとえ利益の薄い仕事であっても、できる限りお力になりたいと思います。弁護士の使命は「基本的人権を擁護し社会的正義を実現すること」。この基本に忠実に、女性・子ども・高齢者・外国人といった社会的に弱い立場に置かれがちな方々の権利や利益も、きちんと擁護していきたいですね。

GUEST COMMENT

石黒 彩

依頼者の方に対しては基本的に笑顔で接するなど、なるべく心配をかけさせないよう心がけておられるという千葉所長。対談させて頂く中で、仕事に対する熱意と誠実さが感じられました。これからも困っている方にとっての優しい正義の味方でいてくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則