インタビュー

スペシャリスト

虎ノ門セントラル法律事務所

東京都出身。東京大学法学部卒業後、慶應義塾大学法科大学院を経て司法試験に合格する。1年間の修習を終え弁護士登録を果たし、2013年1月より都内の法律事務所に勤務。2015年4月、31歳で独立を果たした。

虎ノ門セントラル法律事務所
住所 〒105-0001
東京都港区虎ノ門 4-3-20 神谷町MTビル 14F
TEL 03-5404-3460
FAX 03-5404-3459
URL http://central-tora.com/

石黒 大変お若いですね。今日まで、どんな経緯を歩んでこられたのですか?

千葉 大学生のとき、弁護士は誰かの役に立てる上に色々な業界の方とお付き合いできるので面白い仕事だと感じました。それで卒業後、ロースクールに通って弁護士資格を取得し、2012年に弁護士登録をしたんです。最初は都内の法律事務所に勤務し、ボス弁の事件を通じて様々な経験を積ませて頂きました。

石黒 その後、2015年に独立されたと。

千葉 以前はボス弁から仕事を頂いていたのですが、次第に自分が扱う個人事件も増えてきたんです。それでバランスを図るのが難しい時期もあったのですが、ボスのお客様と自分のお客様のどちらも大切なものですから、ボスと話し合いの上、独立を決心しました。今は個人から法人まで国籍を問わず仕事のご依頼を頂き、お客様のためにより良い仕事ができていると自負しています。業務のメインは企業法務ですが、刑事事件で逮捕・起訴されてしまった方や日本で暮らす外国人の方のサポートにも力を注いでいます。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒