• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 有村社会保険労務士事務所 特定社会保険労務士 / 2級キャリア・コンサルティング技能士 有村 律子

インタビュー

スペシャリスト

有村社会保険労務士事務所

神奈川県出身。日本女子大学文学部を卒業後、専門学校にてバイオテクノロジーを学ぶ。その後、研究所勤務を経て、2005年に大手食品関連会社に転職。社会保険労務士の資格を取得後は社会保険労務士法人に勤務する。2013年、自身の事務所を立ち上げた。

有村社会保険労務士事務所
住所 〒220-0003 神奈川県横浜市西区楠町12番地1-905号
TEL / FAX 045-316-0731
URL http://www.ar-sr.jp/
Facebook https://www.facebook.com/ar.boo.sr

松村 労働問題が増えている昨今、「社会保険労務士」という言葉をよく耳にするようになりました。実際、どのような業務を手がけているのですか?

10106t01

有村 社会と会社、会社と従業員、そして法律と人とが互いにWIN-WINの関係を築けるような“つなぎ役”として、専門知識を提供していくというのが社会保険労務士の業務。各企業の発展と共に、従業員一人ひとりの満足度も高めていくことが大切だと考え、人事労務関連の相談に乗らせて頂いています。

松村 企業と従業員のあいだに入り、双方のバランスを保っていくためのサポートを手がけていくということですね。

有村 はい。皆様が働きやすい場を創出するために、企業の人事部をサポートさせて頂いているという感覚ですね。経営者様それぞれの想いや形がありますから、それに沿った人事制度や福利厚生などもアドバイスさせて頂いています。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒