インタビュー

医療・福祉

堀水接骨院

静岡県富士宮市出身。小学校の頃から野球を始めるが怪我を繰り返す。大学時代には両足の捻挫を経験し、手術・リハビリを体験、28歳のときに医療の道に進むことを決意。2010年に、リハビリを専門とした堀水接骨院を立ち上げた。

堀水接骨院
住所 〒418-0072 静岡県富士宮市矢立町136

矢部 こちらは、リハビリに特化した接骨院だと伺っています。その理由とは?

10102ex02堀水 リハビリに力を入れている院は多くはありません。そういった意味で差別化を図りたかったことと、もう1つの理由は私のこれまでの人生における歩みが大きく影響しています。

矢部 と、言いますのは?

堀水 学生時代は怪我を繰り返す日々。小学生の頃からスポーツによる怪我のため、ドクターストップを受けたことが何度もありました。大学入学後には両足を捻挫し、手術の必要があると言われたのです。大学卒業後に初めてリハビリに出会い、手術後のリハビリにより身体が動かせるようになりました。そして一度はサラリーマンを経験するも、立ち仕事の連続で今度は膝を手術することに。そこが人生のターニングポイントでした。

矢部 怪我の治療に携わるような仕事をしようと思われたのですね。

堀水 はい。専門学校に通い、技術を学びました。そして友人の勧めもあり、自分の裁量で治療プランを立て、経過に立ち会える─患者様一人ひとりと向き合えるリハビリを専門とした接骨院を開くことにしたのです。

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒