インタビュー

スペシャリスト

大路 そこまでご自身の仕事について明言して頂けるのは、依頼者にとっては本当に心強いことでしょうね。では、これまでに思い出深かった案件などはありますか?

大野 弁護士として初めて刑事事件の被告人の国選弁護人を務めた時のことは、今でも忘れられません。当時は事務所勤めで所長の決済を仰ぎながらの仕事をしていましたから、一から十までを自分の判断で行うということは初めてでした。全てが手さぐり、必死である一方で依頼者の方にも申し訳なさを感じていたのです。しかし、判決後に依頼者の方とお話しした時に、彼は私にこう言ってくれました。「先生に経験がないのは分かっていたが、それでも私の目を見てしっかりと話をしてくれた。本当に嬉しかった。ありがとうございました」。その時、私は初めて弁護士になってよかったと心の底から思いました。手紙を頂いたのですが、それは今でも宝物として大切に保管してあります。

9649_s01大路 弁護士として心から相手のために働いたからこそ、想いが通じたのでしょう。きっと今でも、その気持ちが原動力になっているのだと思います。では、今後についてはいかがでしょうか。

大野 まずは組織としての体制を強固にするために、事務所の法人化を目標としています。また、現在のクライアントは大きな医療法人が中心となっているのですが、今後は医療に特化しつつ少し仕事の幅を広げ、例えば薬局や老人介護施設、町の歯科医の方に対してアプローチしていきたいですね。時代の移り変わりによるニーズの変化に合わせ、皆様のお役に立つべく努めてまいります。

9649_gc01
GUEST COMMENT

大路 恵美

以前には依頼者から「弁護士っぽくないところが好き」と言われたという大野所長ですが、その意見には私も同意です。クシャッとした笑顔も印象的で、本当に何でも気兼ねなく相談できそうな印象を抱くことができました。今後、医療分野は成長産業と目されているとのこと、それだけに、大野所長の存在は重要になっていきそうですね!

1 2 3


amazonからのご注文
2021年11月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 美穂 時東ぁみ 名高達男 宮地 真緒 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則