• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 スポーツリング・ジャパン 代表取締役 近内 圭太郎

インタビュー

医療・福祉

株式会社 スポーツリング・ジャパン

神奈川県出身。2歳より水泳をはじめ、小学校6年生で日本選手権に出場。18歳でアトランタオリンピックに出場するなど、数々の入賞歴を持つ。引退後は柔道整復師の資格を取得、2011年に(株)スポーツリング・ジャパンを開業。

9035logo
株式会社 スポーツリング・ジャパン
住所 〒252-0815 神奈川県藤沢市石川4-4-10
グリーンピアC101
URL http://www.sportsring.co.jp
MAIL japan@sportsring.co.jp

相原 近内社長は競泳のオリンピック日本代表でいらしたとか。

近内 アトランタ五輪の選手でした。夢を持ち、自身の肉体や精神を極限まで高められた良い経験でしたね。この経験を活かして後世に伝えるため、スポーツと医療をコラボレーションさせて何かできないかと考え、(株)スポーツリング・ジャパンを設立しました。

相原 では、具体的な事業内容を伺えますか?

9035t近内 「せせらぎ鍼灸整骨院」や、お客様に合わせたエクササイズ・ストレッチ指導を行う「体塾」、水泳教室を運営する他、イベント・講演会を開催しています。これらの施設を通じて筋力アップ・痛みの治療・再発予防を促し、皆様に“痛みが出ず、ケガの起こらない体”を目指して頂くのです。その意味で弊社は、「体に関する複合施設」と言えますね。

相原 運動や治療を通じて健康な体をつくるんですね。

近内 私は人間には「取扱説明書」が必要だと思うんです。故障をした体は病院などで「修理」しますが、どこが悪いのかを調べるのはドクターでも、なぜそうなったかを知るのは自分自身。だから常々、自分の取扱説明書を持ち、故障しにくい方法で体を使っていかなくてはなりません。

相原 健康になるのも不健康になるのも自分次第、というわけですね。

近内 はい。本来、人間は健康であることそのものが奇跡。不健康であるのが通常と考えれば、どのようにしたら奇跡を維持できるかに興味がわくはずです。各施設ともに経験豊富な専門家を集結させ、皆様を徹底的にサポートさせて頂きます。

相原 私は一度、体調不良で立ち上がることもできない時期があって。でもあの時期があったから、その後は健康な体づくりに興味を持つようになったんです。

近内 そういう経験をされている方の話は説得力がありますよね。でも本当はそうならないようにしたいところです。私は事業を通じて、「介護を必要としない国」にしたいと考えています。誰もが生涯にわたって自力で立つことができるよう、弊社の事業を通じて「健康なうちの体づくり」を発信していきたいですね。

9035g
GUEST COMMENT

相原 勇

近内社長は将来、トレーニング・リハビリ・マッサージ・整骨を受けられる施設と、居住スペースを併せ持つマンションを作りたいのだとか。私も体調が悪い時期があったからこそ、健康の大切さを実感しています。人々の健康への意識が、もっと高まったら良いですよね!

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年10月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロ野球選手・井口資仁氏がご登場!現役引退直前に何を思うのか──氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 矢部 みほ 宮地 真緒 川﨑麻世 鶴久 政治 駒田 徳広 杉田 かおる 時東ぁみ 畑山隆則 大門正明