インタビュー

建築

内藤 なるほど。しかし、建築不況と言われる昨今、景気の影響についてはいかがですか?

山本 影響がないと言えば嘘になりますが、建物は必ず老朽化し、建て替えの際には解体の工程を避けて通るわけにはいきません。どちらかと言えば景気の影響を受けにくい業界と言えるでしょう。

内藤 解体をしてはじめて建築できるという意味でも、非常に重要な役割ですよね。そうした業務をするうえで何を大切にされていますか。

山本 当たり前のことですが、仕事を通じて「お客様に喜んで頂くこと」が重要であり、そのためにはお客様目線で考えることが大切です。解体業はサービス業的な要素も多分に含んでいるので、近隣への配慮はもとより、迅速・確実・丁寧に施工すること心がけ、努力と誠意を持って業務に当たるようにしています。例えば見積もり1枚を提出するにしても、すぐにお渡しするのと何日も間に挟むのとでは、金額以上に相手の反応が異なるでしょう?

内藤 確かにいくら見積もりで安い金額を提示してきても、対応が遅かったり悪かったりしたら不信感を抱いてしまいます。

山本 私はかつて引越会社の管理職を勤めた経験があります。引越業界も最近は価格破壊が顕著ですが、安かろう悪かろうでアルバイトや慣れない社員に作業させてしまい、大切な家財を破損させるという事故は少なくありません。しかし家財はお客様の思い出が詰まったものだから、「弁償」で済まない話もある。そのため当時から、スタッフには丁寧・確実な仕事に努めるよう話してきました。お客様の心情を考え、靴下やシャツの清潔さを心がけるようなサービスを導入したのはどこよりも早かったんですよ。

内藤 当時の経験も踏まえ、お客様が望まれるようなサービスを行っておられると。

8993k01山本 はい。コンプライアンスの意識が高まる昨今、解体工事前の届け出や分別解体計画書の作成・提出などの行政手続、建設リサイクル法に基づく適正な廃棄物処理など、ルールを遵守するのも当然のことです。その姿勢がお客様からの信頼に繋がったのか、今では解体以外の附帯作業も任せて頂けるようになりました。金額よりも対応が大事と言いましたが、こうした仕事を解体工事と併せてご依頼頂くことで、リーズナブルにサービスを提供できると思います。

内藤 誠実な展開が、業務拡大に繋がっているのですね。御社の今後も楽しみです。

山本 他社で働いていた次男が仕事を手伝ってくれるようになりましたし、これからはスタッフ育成に力を注ぎながら、内部充実を図っていきたいと思っています。会社を大きくするよりも「中身の濃い会社」にしたいですね。

GUEST COMMENT

内藤 大助

法令遵守やコンプライアンスへの意識を高く持たれており、とてもクリーンな会社という印象を受けました。さらに、少数精鋭だからこそ可能になるフットワークの良さや気遣いが、周囲からの信頼に繋がっているのだと思います。

1 2


amazonからのご注文
2020年11月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 鶴久 政治 駒田 徳広 名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則