インタビュー

建築

内藤 様々な業者から見積もりを取ったり、違った担当者と打ち合わせしたりする必要がなくなり、お客様にとってもメリットが大きいと思います。

山岡 ええ。住まいに関することをトータル的に手がける事業ですから、特に個人のお客様を大切にしたい。個を大切にした事業展開でお客様との信頼を築き、末永くお付き合いさせて頂ければと思います。

内藤 「お客様に寄り添った仕事を」という姿勢は、お客様に必ず伝わりますよね。ほかに、大切にされている想いはありますか?

吉川 弊社名であるクリーディアの意味は「信念と親愛」。信念は会社にとってなくてはならない一方で、成長と共に変わっていってもいいものだと思います。常に新しい、かつ確固たる信念を持っていたいという願いを社名に込めました。そして、社員全員が家族的な関係を保ち、お客様に対しても親愛の気持ちを持とうという心構えの現れです。

内藤 素敵な社名ですね。仕事をする際のチームワークは重要ですから、社員の仲がよければサービスの向上やお客様満足も自然と向上すると思います。

吉川 弊社が営むどの業界も競争が激しくなり、技術面でも会社ごとの差がなくなってきています。では、お客様が業者をどこで選ぶか─基準とされるのは「人」の部分が大きい。ですから、お客様や社員といった「人」に重点を置いて事業に取り組んでいきたいですね。

山岡 当社ではお客様に対して嘘をつかないことを信念としています。当たり前のようですが、正直なだけでは生きていけないのが今の時代。その中であえて「正直」であることを貫き、お客様に信頼されるようにしています。

8837-k01内藤 3本柱の事業に加え、社長や取締役をはじめとして、お客様を大切にしてくださる社員の皆さんが御社の特徴だということが良く分かりました。お2人はまだまだお若いですし、今後の発展が非常に楽しみですね。

吉川 そう言って頂けて嬉しいです。会社を育てていきたいと思いますが、所帯が大きくなっても「家族の親愛」は忘れずにいたいと思います。

8837-kgc01
GUEST COMMENT

内藤 大助

過去に内装業に関わっていたことがあり、業界のことは少しですが分かります。不動産業やおかたづけ業が足りない部分を補い、3業種が互いの短所をカバーし合っていることが(株)クリーディアさんの最大の武器でしょう。これからも応援していますので、ぜひ頑張ってくださいね。

1 2


amazonからのご注文
2019年8月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 畑山隆則