• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 ビックウエスト 代表取締役/プロデューサー・ディレクター 大西 裕樹

インタビュー

スペシャリスト

株式会社 ビックウエスト

大学時代にイベントを主宰し、卒業後はイベント制作会社に就職。様々なイベントの企画・演出・制作業務を経験し、2010年7月に(株)ビックウエストを設立した。2年半の間に2度の業務拡大に伴う事務所移転を経て、現在はスタッフと共に新たな領域へと日々奮闘中!

株式会社 ビックウエスト
住所 〒104-0041 東京都中央区新富2-15-6 新光第5ビル 2F
URL http://b-west.co.jp/

駒田 セールスプロモーションやイベントの企画などを手がけている会社だとお伺いしました。

大西 学生時代からイベントの主宰などをしていまして、在学中からイベント会社に勤務。2010年に独立し、現在は「本物のイベント総合プロデュース企業」として様々なイベントやセールスプロモーションの企画から制作・演出・運営までを手がけています。周りの方からすごく応援して頂けたおかげで、ここまで順調に進んでくることができました。

駒田 では、社長の考えるイベントプロデュースの面白さとは?

大西 私は、イベントはプロセスを楽しむメディアであり、まさに人生と同じだと捉えています。現代はインターネットで様々な情報が得られる便利な時代となりましたが、やはり人と直接会い、同じ時間を共有しながらイベントを制作することが本当の笑顔に繋がると思うのです。そして最高のイベントを作るために、人とのコミュニケーションは大切にしながら、商品の魅力やイベントを行う意味については徹底的に理解を深めるようにしています。どうすれば皆様の想像を超えるサプライズをお届けできるのか─その方法を考えるのがとても楽しいですね。

駒田 イベントにおいては、「人」が何よりも大切であると。

8763k01

大西 はい。イベントはいかなる時も人が主役です。一人ひとりの個性を尊重し、人が主役になれる時空間を想像することがいいイベントを創るための条件だと考えています。それに私は人が大好きですし、様々な方との人間関係を大切にしてきたことが現在の仕事に繋がっていると思っていますから。スタッフについても同様で、彼らとは様々な機会を設けてコミュニケーションを図るようにしています。

駒田 すごく雰囲気も良さそうですね。御社のこれからが楽しみです。

大西 ある意味で趣味の延長が仕事という側面もあり、それだけに成功させたいという想いが強く、毎日が真剣勝負です。今後も前向きに事業に取り組み、関わる人全てが笑顔になり、常に輝き続ける企業を目指して参ります。

GUEST COMMENT

駒田 徳広

野球の試合も、選手だけでなく様々な人が関わることで楽しい空間が生まれます。人が好き、楽しいことが好きであるという大西社長ならば、スタッフと来場者全てを顔晴らせる素晴らしいイベントを手がけて頂けることでしょう。

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年10月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロ野球選手・井口資仁氏がご登場!現役引退直前に何を思うのか──氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 矢部 みほ 宮地 真緒 川﨑麻世 鶴久 政治 駒田 徳広 杉田 かおる 時東ぁみ 畑山隆則 大門正明