インタビュー

医療・福祉

RIRAKU NEO

北海道出身。就職を機に横浜市に移り住む。食品関係の重い荷物を持つ仕事柄、腰痛ヘルニアを発症。整体に通うようになりその効果を知る。30歳の時、整体師を目指し専門学校に通い出す。卒業後は他院で経験を積んだのち、2009年にリラクゼーション美骨整体サロン「RIRAKU NEO」をオープンした。

RIRAKU NEO
住所 〒224-0041
神奈川県横浜市都筑区仲町台1-2-28 ヨコハマパレス201
URL http://www.riraku-neo.com/

8550ex01矢部 ここは「美骨整体サロン」ということですが、具体的にどんな施術をされるのですか。

森田 初回の施術前に20分程のカウンセリングを行い、痛みの原因などをお客様と一緒になって探っていきます。精神的な不安も含め、はっきりとした理由が分からずに来院されるお客様もいらっしゃいますから。不安を抱えたままの状態で施術に入らないよう心がけています。

矢部 まず心をほぐしていくわけですね。その後に施術に入ると。

森田 そうです。整体や足裏マッサージ、膝下リンパドレナージュなどのメニューをご用意していますが、特に好評を頂いているのが店名にも打ち出している「美骨整体」で、30?~50代
の女性に支持されています。これは肩甲骨、肋骨、背骨、骨盤、股関節を同時に調整していく内容で、時間が20分と短いのも特長です。それぞれの骨格を正しい位置に戻すことで、緩んでいた筋肉が元の位置に引っ張られ、ボディラインがキュッと引き締まる効果があります。

矢部 まさしく「美骨」という名にふさわしい整体で、女性に人気があるのもうなずけます。ところで、森田店長はずっとこの業界なのですか。

森田 いいえ。前職は食品関係の問屋の事務や営業をしていました。重い物を持つことが多く、そのために腰を痛めてしまったんです。そこである整体院に通ったのですが、その効果がてきめんで、そのうちに自分も整体師を目指すようになりました。

矢部 身をもって整体の良さを経験したわけですね。独立の意志は前から?

森田 強く意識したのは結婚して子どもができてからですね。2009年の5月にここを開業しました。

8550ex02矢部 家族と一緒に成長されていくということですね。実際に自分のサロンを持たれていかがですか。

森田 開業当時は経営面で苦労したこともありましたが、現在はお客様も増えてきて手応えを感じています。前職から付き合いのあるベテランの女性スタッフがいますから、女性のお客様にも安心してご来店頂けていますよ。今後は「美骨整体」をより広く知らしめていきたいので、店舗を増やしてチェーン展開していくのが目標です。

8550gc01
GUEST COMMENT

矢部 美穂

開放感と清潔感のあるインテリアはとても温かみを感じました。そういう雰囲気づくりにもお客様を心身ともにリラックスさせたいという森田店長の強い気持ちが表れていると思いました。私も施術して頂きましたが、とても気持ち良かったです。

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年1月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭には元全日本女子バレーボール選手・木村沙織さんがご登場。半生を振り返って頂きながら、第一線で活躍し続けられた要因を伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 名高達男 川﨑麻世 時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 駒田 徳広 畑山隆則