• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 セラヴィ アンベリール ウィッグ 代表取締役 千頭和 崇

インタビュー

卸・販売

株式会社 セラヴィ アンベリール ウィッグ

代表取締役 千頭和 崇[写真左]
警備会社に20年以上勤務する。その後は永井氏と共に起業、医療用ウィッグ販売を手がける(株)セラヴィの代表取締役に就任した。

企画営業部 部長 永井 久貴[写真右]
不動産業界を経てウィッグ業界でキャリアを積む。その経験を以て(株)セラヴィを設立。より良いウィッグ業界に向けて尽力している。

株式会社 セラヴィ アンベリール ウィッグ
住所 〒192-0911東京都八王子市打越町1178-2
北野リージェンシー402
URL http://www.katsura-iryou.jp

8336t01

大路 御社では医療用ウィッグの通販サイトを運営されていると伺いました。どのような経緯で現在の事業を?

千頭和 私は母を癌で亡くしています。母は闘病中、抗がん剤治療や放射線治療によりウィッグが必要になったのですが非常に高価で・・・。そんなとき、ウィッグ業界で通販事業部を立ち上げ成功させた永井から「独立して一緒に事業をしよう」と声を掛けられまして。母のようにウィッグを必要としている闘病中の患者様や、円形脱毛症など髪の毛のトラブルに悩まされている方々のお役に立ちたい、ご負担を軽減して差し上げたいとの想いから、かつらの卸・販売を手がける(株)セラヴィを設立しました。

大路 すると御社では、ウィッグをリーズナブルに提供されていると。

永井 はい。前職時代はお客様から「かつらは非常に高価」というお声を多数頂いており、私自身もそう感じていました。なんとか商品の質を落とさず安価に提供する道を模索するなかで、通販サイトならそれが可能になるだろうと。それで実際に人件費や広告費などをできるだけ圧縮した結果、大手の約3分の1の価格帯で上質なウィッグをご提供することが可能となりました。

1 2

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年11月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロ野球選手・井口資仁氏がご登場!現役引退直前に何を思うのか──氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 矢部 みほ 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 川﨑麻世 駒田 徳広 畑山隆則