インタビュー

不動産

日本リアライズ 株式会社

前島 望 (写真左)
学業修了後、新卒で不動産業界へ。大橋社長とは、最初に入った不動産会社の会社説明会で出会う。その後、大橋社長からの誘いに応じ、2010年5月に日本リアライズへ入社。明るく真摯な姿勢で営業成績を伸ばしている。

末光 一成 (写真右)
学業を終えたあと、不動産会社に入社。前島氏とは、以前に在籍した不動産会社の同期にあたる。その後、大橋社長のあとを追うように日本リアライズへ入社。別会社を経て出戻りという形で再就職を果たす。

日本リアライズ 株式会社
本社所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-7 新宿内野ビルⅡ 8F
TEL 03-6380-5978  FAX 03-6380-5972
ホームページ http://www.n-realize.co.jp/

時東 お2人は若手のホープとして期待されていると伺いました。これまでに他の不動産会社も経験されているそうですが、お2人が思う日本リアライズの特長とは?

前島 まず第一は、どこまでいってもお客様第一であることですね。以前にいた会社ではとにかく物件を売ることに必死でしたが、今はまず、お客様の状況や希望を把握したうえで、ライフプランを一緒に考えるところから始まります。物件を売るのは二の次なんですね。それが、僕がこれまで経験したやり方との圧倒的な違いでした。

末光 実は僕は、日本リアライズから別の不動産会社に移って、また戻ってきたという経験をしています。そのなかで日本リアライズの良さは、以前にいた会社よりも、お客様から「ありがとう」の言葉を多く頂けること。戻ってきて、素直に大橋社長の偉大さを感じました。“お客様のために”という部分は、以前にいた会社よりはるかに強いですね。

時東
 では、お客様と接するさいに大切にしていることを教えてください。

前島  「笑顔が第一」「お客様は神様」「ノリで勝負」の3つ。住宅購入は額が大きいだけに、どうしても皆さん腰が重くなりがちなんですね。そこに見ず知らずの人間がいきなり訪れるわけですから、まずは印象を良く─笑顔が大切ですよね。そして“神様”という意識でお客様といい人間関係を築かせて頂く。そのうえで、腰を上げようとしているお客様が動きやすくなるには、“ノリ”というか勢いも必要です。お客様に喜んで頂くため、この3点を特に意識して日々の業務にあたっています。

末光 前の会社では数字が残せない自分自身にストレスを感じ、毎日が辛かった。だから今は、仕事を楽しもうという意識が強いです。実際、楽しませてもらえるだけの環境を与えて頂いていますし、今日はどんな人に出会えるのだろうと考えるだけで楽しくなりますね。

69766ex01時東
 いい職場環境が、お客様へのいい提案に繋がるのですね。最後に、今後を見据えた展望をお願いします。

前島 会社からの期待を感じるので、まずはその期待を裏切らないこと。そして将来的には、年商の半分以上を自分のチームで売り上げられるくらいに、会社に貢献したいですね。ひいてはそれが、お客様の満足にも繋がっていくと信じています。これからもプロ意識を高く持ち、真摯な思いで仕事と向き合っていきたいですね。

末光 僕は良くも悪くも堅い性格で、書類でもなんでもきっちりしていないと気が済まない(笑)。ですから未来を描くというよりは、目の前にある仕事にコツコツと丁寧に取り組んでいきながら、お客様とともに成長させて頂きたいと思っています。そのためにも、常に学ぶ姿勢を忘れずにいたいです。

69766g01
GUEST COMMENT

時東 ぁみ(タレント)

前島さんは元気さを押し出す明るく朗らかなスタイル、いっぽうで末光さんは堅実さと誠実さを兼ね備えたクールなイメージ。そんなお2人の対照的な性格が、いいコンビネーションを生み出しているように感じました。これからも若手社員の筆頭格として会社を盛り上げながら、よりよい提案をされてくださいね。

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年11月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロ野球選手・井口資仁氏がご登場!現役引退直前に何を思うのか──氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 矢部 みほ 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 川﨑麻世 駒田 徳広 畑山隆則