インタビュー

サービス

株式会社 PLUS / 保険プラス

千葉県出身。学生時代に様々なアルバイトを経験する。その時の繋がりから大手保険会社へ。合併により体制が変わり、それを機に独立を決意。個人事業としての期間を経て、(株)PLUSを設立する。

株式会社 PLUS / 保険プラス
東京海上日動火災保険株式会社 代理店
東京海上日動あんしん生命保険株式会社 代理店

住所 〒266-0031千葉県千葉市緑区おゆみ野4-23-4 2F
TEL 043-497-4497
FAX 043-497-4498
URL http://www.tmn-agent.com/hokenplus/

比企(理) 御社は2010年6月から事業を開始されたばかりと伺いました。まずは、社長の歩みから聞かせて頂けますか。

比企(徹) 日動火災海上保険(株)に勤め、お客様と接しながら保険商品を提案する直販部門に在籍していました。ところが、会社の合併を機に大きく体制が変わり、直販部門が閉鎖されることが決定したのです。そこで会社からは、代理店として独立するか、お客様と関わりのない内勤職に就くか、そして退職するかの3つを迫られました。

比企(理) 悩みますね、それは。

比企(徹) ええ。これまでの人間関係を維持し、お客様に迷惑をかけないというのであれば、代理店として独立することしかありませんでした。そのような経緯から会社を離れ、個人事業としてスタートを切ったんです。また、法人組織にすることで、より信頼性を高められるとの考えから弊社を設立しました。

比企(理) 事業内容や経営理念が同じでも、与える印象が変わってしまうのは事実ですからね。

比企(徹) それに個人事業というのは、お客様との関係において普遍性がありません。私が病気などの理由で事業から撤退したら、お客様との関係は途切れてしまいます。しかし、会社組織にすることによって「法人としての意志」が引き継がれていくのです。お客様にとって良きパートナーであるためには、法人化は必要なことだったと思います。

比企(理) 法人としての意思。なかなか深みのある言い回しですね。ところで、同業他社も多いと思うのですが、御社ならではの強みを聞かせてください。

比企(徹) 小規模な組織ですから、スタッフ全員がお客様一人ひとりのことを共有できる点です。さらにお客様に対して、契約後も丁寧なアフターフォローが可能です。この強みを活かして常にお客様目線を大事にし、「何かあればPLUSさんに相談すれば安心」と思って頂けるような存在でありたいと考えています。

比企(理) 保険商品について、あまり深い知識がないというのが一般的だと思いますから、そのような観点から取り組んで頂けるのは嬉しいですね。

比企(徹) お客様からよく、「どの保険に入ればいいか」という質問を頂きますが、逆に私たちは、「どのような保険を希望されるのか」が知りたいのです。お客様の要望をしっかりとお聞きすることが、最上の提案に繋がるのです。誠実な対応を心がけて、保険業界に対して良い印象をお客様に与えていきたいですね。

比企(理) 最後に今後の展開は?

比企(徹) 近年、保険業界に憧れを抱く若者が減ってきている感があります。だからこそ私は、保険商品を通して人の役に立つことができるこの仕事の魅力を伝えていきたいと思います。私と同じ志を持つ方がいれば、仲間として共にお客様のために頑張っていきたいですね。

GUEST COMMENT

比企 理恵

世の中には色々なサプライズがありますが、「比企」で繋がる出会いも、その1つでしょうね(笑)。難しい保険のことについて、丁寧に分かりやすく説明してくださり、とても嬉しかったです。この姿勢に社長の性格、仕事への取り組み方が表れている気がしました

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年7月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはLINEでバイトの求人情報をチェック&応募できる「LINEバイト」を運営する上土達哉社長がご登場!挑戦を続ける社長の思いやビジョンとは?

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 矢部 みほ 水野 裕子 名高達男 川﨑麻世 畑山隆則 宮地 真緒 駒田 徳広