コラム

編集部が薦める今月の一冊
このページでは毎回、数多く刊行される書籍の中から、『COMPANYTANK』読者に向けて編集部がお薦めする一冊をご紹介します。第2回は、訪れる人々を魅了し続けるアドベンチャーワールドの物語をつづった『笑顔あふれるテーマパークの秘密』を取り上げます。

誰もが笑顔になれるテーマパークを目指して・・・・・・
訪れる人々を魅了し続ける「アドベンチャーワールド」
その背景にある、数えきれない努力と熱い想いの
全貌が明らかに

和歌山県白浜町にある人気施設「アドベンチャーワールド」(株式会社アワーズ運営)は、動物園と水族館、そして遊園地を併せ持った複合型テーマパークです。アドベンチャーワールドのキーワードは「誰もがキラボシ」。社員全員が自分には輝ける存在になれる可能性があると信じ、日々の仕事に取り組んでいます。それは会社の理念を共有し、行動原則に基づいてミッションを果たすことに喜びを見いだしているためです。

それを可能にしているアドベンチャーワールドの理念や行動原則とは何か。そこに到達するまでにどのような紆余曲折があったのか。約40年の歴史は決して順風満帆なものではありませんでしたが、今もなお訪れる人々を魅了し続けるアドベンチャーワールドには、どのような過去があり、どのようなビジョンがあるのか、その物語のすべてをお伝えします。

《著者Q&A》

■この本を出版しようと思った理由、動機を教えてください。

進学や就職・転職など、人生のターニングポイントにおいて、悩んでいる学生や社会人の方に対し、人生理念(パーパス)を軸として、自分の人生を自身で選択することにつながり、また考えるきっかけとなるような書籍を創ることで、悔いのない選択をしてもらえたらと思い、出版に至りました。

■この本のポイント・読みどころを教えてください

「アドベンチャーワールド」というテーマパークを創り出す私達アワーズの理念と、その理念からつながる社員の皆さんのアクション事例が多く掲載されています。1つの事例ではありますが、そのエピソードから理念(パーパス)を持つことの大切さが少しでも伝われば嬉しいです。

■この本を通して読者に伝えたいことを教えてください

自分の人生において「主人公は自分」だけです。過去や他者の「せい」にも、「おかげ」にもせず、自分が「本当」に生きたいように生き、幸せな人生を歩んでいってほしいです。

■この本をどんな人に読んでほしいですか

人生の選択に迷っている方。幸せになりたい方。成長したいけど、どのように成長したいかわからない方。

■弊誌の読者宛にメッセージをお願いいたします

経営には「正解」も「間違い」もありません。でも経営者はどこかに「正解」があると思い探し求め続けます。その矛盾に抗うには、自分が本当に大切にしたいものを考え続けることなのかなと思います。ともにワクワクする未来を創っていきましょう!

著者プロフィール
山本 雅史(やまもと まさし)
 
和歌山県白浜にある複合型エンターテイメント施設「アドベンチャーワールド」を運営する(株)アワーズ代表取締役社長。同施設は動物園、水族館、遊園地を併せ持つ、全国でも類を見ないテーマパーク。世界最大の旅行口コミサイトトリップアドバイザー「旅好きが選ぶ! 日本の動物園・水族館ランキング2018」でNo.1を記録した。同施設の累計入園者数は3400万人を超える。同施設では、社員全員に理念を共有することで、顧客満足と従業員満足、飼育動物満足に努め、新たな働き方のモデルとして注目を集めている。
 
発行:幻冬舎メディアコンサルティング URL https://www.gentosha-mc.com/
発売:幻冬舎 URL https://www.gentosha.co.jp/

<< 編集部が薦める今月の一冊

 
 
 


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 矢部 美穂 水野 裕子 名高達男 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則