• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • サラリーマンのための起業講座 Vol.25

コラム

サラリーマンのための起業講座 Vol.25

 
「脱サラして起業したい」「自分でビジネスを始めてみたい」・・・先行き不透明な時代だからこそ自分で行動を起こし、お金や自由を得ようとする人は多いのではないだろうか。2021年に新刊を出版したR・グローバルジャパン(株)の代表取締役・竹内亮介氏から今回は、効果的な広告運用について詳しく学ぼう。

第24回では、商標権について紹介しました。今回は広告運用について詳しく説明していきます。

広告運用について

まず、広告運用でよく使われる用語の説明をします。(Amazonや楽天でもよく使われるものです)。

・インプレッション
広告が表示された回数のこと。広告がユーザーに見てもらえた回数。
・クリック率(CTR)
広告を見てクリックしたお客様の割合。クリック数をインプレッションで割った数。
・広告費
広告費用の総額。
・平均クリック単価(CPC)
広告のクリックごとに支払われた額の平均。
・売上
商品売上の総額。

また、広告の効果を測る指標に「ACoS」と「ROAS」というものがあります。

・ACoS
総売上に対する広告費の割合。ACoS は低い値であるほど広告効果が高い。広告費用÷広告経由の売上×100(%)。
・ROAS
かけた広告費に対して総売上を%で表したもの。ROASは高い値であるほど広告効果が高い。広告経由の売上÷広告費用×100(%)。

なお、ACoSについてですが、例えば3000円の広告費を使って1万円分の商品が売れた場合(ACoSは30%)と、3000円の広告費を使って3万円分の商品が売れた場合(ACoSは10%)なら、後者の方がACoSは優れています。ただ注意点として、後者の場合でも利益が4000円しかない商品であれば、利益は1000円になってしまいます。この場合は利益が低く、広告費も使いすぎているということになるでしょう。どの程度のACoSを目指すかは、商品によって異なるので一概には言えないということです。私も普段は全く記憶、暗記をしませんが、上記の広告運用は実践しながら自然に頭に入っています。ぜひ広告運用をする際は、今回紹介している内容を参考にし、見返してみてください。

効果的なAmazonスポンサープロダクト運用方法

スポンサープロダクトを効果的に運用するためには、次の方法で行うと良いでしょう。

1:2週間程度、オートターゲティングだけでデータを収集する。
2:購入につながっているキーワード、ASINをマニュアルターゲティングに追加する。
3:上記ステップを繰り返し、効果的なワード、ASINを探す。
4:売れやすいキーワードには予算をかける。同時に、関連性がないキーワードやクリックされているのにまったく購入に結びついていないキーワードを除外キーワードに入れる。

スポンサープロダクト初心者の方は、最初は手っ取り早く簡単にできるオートターゲティングから開始しましょう。ただし、オートターゲティングは簡単で、すぐに効果を発揮できますが、キーワードやASINの範囲が広いので、無駄な広告も多くなります。そこで、購入につながっているキーワードをマニュアルターゲティングのキーワードターゲティング、パフォーマンスの良いASINをマニュアルターゲティングの商品ターゲティングに追加していき、同時に運用しましょう。

これを繰り返すことで、売れやすいキーワード、売れにくいキーワードがわかるので、売れやすいキーワードには広告予算をかけ、売れにくいキーワードは除外キーワードに入れていきます。スポンサープロダクトの運用結果は、セラーセントラルの広告タブの中の、広告キャンペーンマネージャーから確認できます。また、セラーセントラルのレポートタブの中の広告レポートからも、より詳細なデータをダウンロードして確認できますね。

なお、私が実践しているAmazonスポンサープロダクト運用方法は、最新版の『いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意[第2版]』でも画像付きで、かなり丁寧に解説してありますので、ぜひご確認してみてください。Amazonスポンサープロダクト運用方法は、私の本の内容だけで十分把握していただけると思います。

1ドル120円になり考えること

2021年1月は1ドル103円でしたが、現在は1ドル120円になりました。円安傾向で、海外からの仕入れ値が上がっている状況です。今後も円安になると予想されています。しかし、個人的にはまったく悲観することはないと思っています。なぜなら私は、1ドル75円だった2012年からAmazon欧米輸入ビジネスで稼いでいますが、2013年以降に75→110円と円安になった際には、ライバルが減り、むしろ市場が安定して稼ぎやすくなった経験があるからです。

2012年までは、Amazon欧米輸入を大多数が実践していましたが、2013年の円安からは、ライバルの多くが、中国輸入、Amazon輸出などに移った時期です。(今の中国輸入ビジネスは、2013年頃から台頭してきました)。私は、この大幅に円安になった2013年以降でも一貫してAmazon欧米輸入ビジネスを続け、ライバル不在で一人勝ち状態になりました。

この時の2013年に、私が業界で最初にメーカー仕入れ&独占販売権ビジネスをやって稼ぎまくり、その後、ノウハウ化して教えることによりAmazon欧米輸入長者たちが多数誕生したというわけです。

というわけで、 現在は1ドル120円になり円安傾向ですが、今後はさらに円安になったとしてもライバルが撤退していき、逆に稼ぎやすくなると思います。また、仕入れ値が上がった分の販売価格を上げても、需要がある商品なら売れますので、ほぼ問題ありません。

為替によってビジネスモデルをコロコロ変えるのではなく、読者の皆さんには竹内ノウハウを、引き続きブレずに実践して、為替に左右されない、安定した真の稼ぐ力をつけていただきたいですね。

 

■プロフィール
竹内 亮介(たけうち・りょうすけ)
 
1983年、千葉県に生まれる。立命館大学産業社会学部卒業。R・グローバルジャパン(株)代表取締役。2012年、資金ゼロ、人脈ナシ、全くの未経験からAmazon輸入ビジネスをスタートし、1年後に月収100万円、2年後に月収200万円を稼げるようになる。2014年、事業拡大のため貿易業を手がける同社を設立。Amazon輸入の第一人者として、個人コンサルティングやコミュニティ(IBC)でノウハウを教え、月収100~1500万円以上稼げるクライアントを多数輩出。クライアント全員が稼げるようになると定評がある。さらに、読者数8.6万人(購読者数・輸入ビジネス日本一)のメールマガジンを配信し、その独自ノウハウで業界から注目を浴びている。現在は、パソコン1台で世界中どこに行っても仕事ができる生活スタイルを確立。年収1億円、預貯金1億円以上、30ヶ国以上の旅行、ベストセラー出版など、多くの夢をかなえている。
 
■URL
BLOG http://takeuchi01.com/
Facebook https://www.facebook.com/takeuchi01
LINE@「@takeuchi02」でID検索(@をお忘れなく!)
 
■著書
いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意
(秀和システム、2015年1月)
いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意第2版
(秀和システム、2021年2月)
*期待の第2版が2021年ついに発売!重版決定!
*2冊累計4万部達成、増版16刷のベストセラー
『Amazon輸入大百科』*期間限定で無料公開中 http://takeuchi01.com/lp/
 
メンタリストDaiGo氏、推薦!
【いちばん稼いでいる著者が教えるAmazon輸入ノウハウ本の決定版】
★大幅アップデートした最新版!
★1日1時間程度の作業で月収200万円を稼いでいる独自ノウハウを公開!
★定番のロングセラーが10年間の研究成果を踏まえて待望の増補改定!
★副業・起業の定番本★パソコン1台あれば1人で稼げるノウハウが満載
★Amazon輸入ビジネスのすべてを大公開
 

<< サラリーマンのための起業講座 Vol.24サラリーマンのための起業講座 Vol.26 >>

 
 
 


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 矢部 美穂 水野 裕子 名高達男 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則