• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • 混迷する日本を救済しうる社会的意義のある新たな事業 ライフメイクパートナーズ

コラム

混迷する日本を救済しうる社会的意義のある新たな事業 ライフメイクパートナーズ
創業以来、顧客第一主義を貫き、住宅販売を通して老後まで見据えたライフプランを提案している日本リアライズ(株)。ライフプランアドバイザーからライフメイクプランナーへと「進化」した大橋社長に、3年の月日をかけて構築した新事業「ライフメイクパートナーズ」を中心に話をうかがった。

今はマイホームが圧倒的に有利な時代

 
――大橋社長にはこれまで4度、弊誌にご登場いただきました。とはいえ、今回、御社のことを初めて知る読者も多いと思いますので、まずは現在、日本リアライズ(株)さんが注力されている取り組みについてお聞かせください。
 
大橋 当社ではこれまで飛び込み営業でマイホーム購入を提案し続けてきました。ただ、人生のリスクなどを解消するすべとして家を売っていく中で、飛び込み営業だとスケールメリットが出ないと感じるようになったんです。やっていることはすごく良いことだし、自社の売り上げは維持できていましたが、その一方で「マイホームが必要なんだ」ということをもっと伝えたいと思うようになりました。それで今回、新たなお客様層として想定したのが、賃貸住宅に住んでいる方だったんです。その方たちに100%の確率で会えている賃貸仲介窓口を通して、全国にどんどん発信していける土台がこの3年で出来上がったという感じですね。その過程で「人生100年時代」というワードが生まれたのですが、人生100年の問題やリスクというものを、多くの方はまだ知らないんですよね。この「人生100年時代」というワードはメディアなどでも耳にするようになったものの、それに対しての準備というのがほとんどなされていない。その課題にずっと取り組んできて、今回新しい事業を始める中で、何をお客様に届けたいのか、何を売るべきかと再考した時に、「人生100年の安心」だと感じました。それで「人生100年時代」の問題やリスクを見つけることから始めなければならないと考え、世の中に健康診断があるなら、「人生診断」が必要だなと思い至ったんです。その「人生診断」を広めて、皆が人生100年を俯瞰で捉え、問題やリスクに対応できるような世界にしたい、というところに行き着きました。
 
――住宅販売が御社の主要事業ですよね。私も目から鱗が落ちる思いでしたが、大橋社長は特に現代では賃貸よりマイホームの方が圧倒的に有利だと主張しておられます。その点をかいつまんでぜひお聞かせください。
 
大橋 家を考えることは即ち、人生を考えることであると思います。その中で、住宅ローンにせよ家にせよ、まず大事なのは、当社が考案した「人生診断」の6項目のうちの最初の2つである「家計」と「住環境」なんですよ。この2つがしっかりしていれば、あらゆる問題やリスクを解消できるということに気付きました。人生を100年で捉えた時に、賃貸の家計では無駄が多すぎて、老後に向けてお金が貯めにくいということがわかります。また、賃貸の住環境では災害が起きた際に脆弱だし、ある意味でお金より大事な「時間」という財産も生まれないことが「人生診断」で見えてくるんです。多くの人はたいてい親元から離れた時に賃貸からスタートして、いわば布や棍棒などの武器を手にしていくはずなのに、賃貸のままだとずっと最初の段階に留まった状態になる。それだと何の壁も倒せませんが、「ホームライフプラン®」という「家計」と「住環境」を使ったライフプランを利用することで、あらゆる準備と対策、問題解消ができてしまうんですよ。歴史をさかのぼると、戦後しばらくは賃貸がはやっていたわけです。その時は「夢のマイホーム」とうたわれており、頭金も600万円必要で金利も高く、本当に欲しい人だけが家を購入するという時代でした。その流れで賃貸が良いという風潮ができたのですが、最近になって物件価格は安くなり、住宅性能も格段に良くなりました。さらに、住宅ローンが扱いやすくなり、頭金も貯めなくて良くなったので、二十歳の若者でも家を買えるようになった―つまりマイホームのほうが圧倒的に有利になっているのに、それを知らない人が多いので、当社の「人生診断」によって気付いてもらい、住宅ローンが通る人からどんどん家を買っていただこう、と。他方、住宅ローンが通らない人も10人中7人ほどいます。その理由は、オートローンを先に組んでしまったり、ギャンブルで借金したり、消費者金融で借りて自己破産したりなどさまざま。それらすべては知識のなさから生じることなので、当社の「人生診断」によって住宅ローンの重要性がわかった時に、通るように頑張る人が増えていくと思います。正社員でないとだめだとか、変なローンを組んではいけないとか・・・まず人生を俯瞰で見て、必要なものをそろえてからいろいろなことをやるべきなのに、順序を間違っていることが多い。しかし当社の「人生診断」によって正しい順序がわかってくるはずです。
 

1 2 3


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 矢部 美穂 水野 裕子 名高達男 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則