• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • リポーター・圖師凜の宮崎ガイド

コラム

リポーター・圖師凜の宮崎ガイド

宮崎県日南市のアイスクリーム店「手づくりアイス なかつや」。創業以来、半世紀にわたって味を守り続けてきたのが、同店の看板お母さん、中津 孝子さんです。MRT宮崎放送のリポーター・圖師凜さんが、中津さんのパワフルな生き様に迫ります。
 
 

手づくりアイス なかつや
中津 孝子(なかつ・たかこ)

昭和18年1月生まれ。学業を終えると、1969年に母親と共に、アイスクリーム店「手づくりアイス なかつや」を立ち上げる。創業50年を迎えた現在は、息子夫婦に後を引き継ぎつつ、「看板お母さん」として店舗に立ち続けている。趣味の卓球は、数々の大会で優秀な成績を収めるほどの腕前だ。
 
 

MRT宮崎放送 リポーター
圖師 凜(ずし・りん)
 
宮崎県日南市に生まれ、その後は宮崎市や延岡市で暮らす。大学卒業後は病院に事務職として勤務。仕事の傍らで、観光レディである「日南サンフレッシュレディ」として活動し、2016年4月からはMRT宮崎放送の朝の情報テレビ番組「モーニングてらす!」のリポーターに就任した。趣味は学生時代から打ち込む卓球で、現在も全国大会などに出場する。
 
*MRT宮崎放送・モーニングてらす!
http://mrt.jp/television/mtera/

 

守り続けてきた製法

圖師 地元で大人気のアイスクリーム店「手づくりアイス なかつや」さんは、いつ頃から始められたのでしょうか?

中津 開業は1969年、私の好物であったアイスクリームの販売を、母と2人で始めました。当時は、リヤカーや自動車で近所を回っていたのですが、氷がなくなるたびに補充しに戻らなければならないので大変でしたね。でも、音楽を鳴らすと皆様が集まり、アイスクリームを買ってくれて「てげうめぇ(宮崎弁で“とてもおいしい”の意)」と言って頂ける──。そんなお客様の喜ぶ顔が見たくて、今日まで歩んできた次第です。現在は、息子夫婦が後を継いでくれており、私も手伝いながら楽しませてもらっていますよ。

圖師 創業当初から現在に至るまで、アイスクリームの味は変わっていったのでしょうか?

中津 いえ。当店のアイスクリームは昔から何も変わっていませんよ。材料ははちみつ、白砂糖、卵、脱脂粉乳、水あめ。それらを塩と氷で覆った容器の中に入れて混ぜ合わせていき、回しながらゆっくり冷やしていく。その後、一晩寝かせて凍らせていき、しっかりと固まったら最後に手で練って完成になります。

圖師 ずいぶんと手間暇が掛かるつくり方にも思えます。

中津 ええ。冷やすのはもちろんガスでもできますが、あえて当店では塩と氷を使う昔ながらの製法にこだわっています。また生地を練るのも、自分の手に染み付いた長年の感覚が一番安心できるんです。その分、けっこうな力仕事にはなりますが。

圖師 小さいお子さんからお年寄りの方まで、安心して食べられる優しいアイスクリームなのですね。中津さんの中で半世紀にわたりお店を続けてこられた要因は、どんなところにあるとお考えでしょうか?

中津 何より周囲の皆様の支えがあってこそだと思います。正直、始めたばかりの頃はここまで続くとは思いませんでしたが、今では多いときに1日で1000個くらい売れるんです。店舗だけでなく、インターネットで販売もしていますから、遠方に引っ越された方からも「お中元はここに決めてる」「この味、変わってないね」などのお言葉を頂くことも。その瞬間は、すごく嬉しいですね。

くよくよしない人生を過ごす

圖師 ところで、中津さんは趣味で卓球をしていらっしゃるとか。

中津 ええ。もともと始めたのは中学生の頃で、学生のうちは続けていましたが、学業修了後は結婚し、それからお店を始めたら忙しくなってしまい・・・。しばらく卓球から離れていたのです。再開したのは60歳を過ぎた頃で、現在も週に5回くらいの頻度で練習し、知り合いの先生にお願いしてマンツーマンの指導も受けていますよ。

圖師 私も学生時代から卓球に打ち込んでいて、同じ卓球の愛好者としてとても親近感を抱いております。大会にも出場されているんですか?

中津 もちろんです。70歳のときには県大会の年代別個人戦の部で優勝。2018年も宮崎県大会で優勝を果たし、九州大会まで進みましたね。中には90歳のプレイヤーもいますから、私も体力が続く限りいつまでも続けていきたいと思っているんです。そのためにジムに通い、体を鍛えていますよ。

圖師 それは素晴らしい!どこまでもパワフルでキラキラと輝いていらっしゃる中津さんからは、こうしてお話を伺っているだけでその元気を分けてもらっているような気がします。

中津 仕事もプライベートも自分が好きなことをさせてもらっているから、毎日が楽しくて仕方ないんです。息子夫婦をはじめ、5人の孫と、8人のひ孫に恵まれて、日々幸せいっぱいです。

圖師 では最後に、人生の大先輩としてアドバイスを頂けますでしょうか?

中津 とにかく、くよくよしないことが大切。つらい登り道が続くことはあるかもしれませんが、その先には、必ず良いときが訪れる。そんな前向きな姿勢を忘れずにいれば、どんなことも乗り越えられますよ。

 


手づくりアイス なかつや
【所在地】
〒889-2533 宮崎県日南市星倉1-1-1
【TEL / FAX】
0987-25-0151
 
インターネットでの購入は公式Webサイトから>>>>
http://www.nakatsuya.com/

 
 

<< ハエで食料危機を解消!? JARNZΩ 笑顔 7割、涙3割!>>


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 水野 裕子 畑山隆則