• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • サラリーマンのための起業講座 Vol.7

コラム

サラリーマンのための起業講座 Vol.7

 
「脱サラして起業したい」「自分でビジネスを始めてみたい」・・・先行き不透明な時代だからこそ、自分で行動を起こし、お金や自由を得ようとする人は多いのではないだろうか。今回は、Amazon輸入ビジネスにおける仕入れのポイントやモチベーション維持の方法を、その道で成功を収めるR・グローバルジャパン(株)の代表取締役・竹内亮介氏から学ぼう。

第6回では、Amazon輸入ビジネスの仕入れに関するコツについてお話ししました。第7回となる今回も、引き続き仕入れのポイントをお伝えするとともに、ビジネスを意欲的に進めるにあたってのモチベーションの保ち方などを説明します。

ヨーロッパからも仕入れよう

これまではアメリカAmazonを中心に紹介してきましたが、ヨーロッパAmazonも、安い商品が見つかるためお勧めです。ただし、ヨーロッパAmazonでの実際の商品代金は、購入確認画面まで進まないと分からないので注意してください。ヨーロッパAmazonで購入手続きを進めると、日本直送の場合、「購入確認画面で商品価格が値下がりする」という現象が生じます。これは、ヨーロッパAmazonでは、VATという付加価値税が20%前後上乗せされて販売されているためです。

VATはEU圏内の購入者が支払うものであり、日本へ直送する場合はEU外取引なので免除されます。また、商品を複数個購入したときにも送料が大きく値下がりすることがありますので、実際に購入確認画面まで進み、仕入れ値を確認してから利益計算をしてください。日本直送の場合は配送スピードも速いですし、転送業者を使ったアメリカ仕入れと比較して、輸送中の商品破損リスクも低いです。このような理由により、ヨーロッパAmazonから仕入れる際は、基本的に日本への直送が可能な商品を探しましょう。何より、アメリカAmazonよりもライバルが少ない中で仕入れられるので、面白い市場です。

季節商品で稼ごう

商品には、年中売れる商品の他に、一定の時期に販売数が集中する商品があります。年中売れる商品に加えて、季節商品を扱えば、利益をさらに積み重ねることができるでしょう。例えば、春なら引っ越し関係の商品や花見・宴会グッズ、夏なら水鉄砲や水着、クーラーボックスなど。そして、ハロウィンの時期ならコスチュームやパーティーグッズ、冬ならクリスマスの雑貨や防寒アイテムなどが売れます。

こうした季節商品をうまく組み合わせて販売できれば、短期間で爆発的に稼ぐことも可能です。過去には私のクライアントにも、ハロウィン用コスチュームの1商品だけで10万円以上を稼いだ方がいました。しかも、単純にアメリカAmazonから仕入れただけの商品です。

季節商品がAmazonで売れているか確かめる場合は、モノレートで過去のランキングを見て、同じ時期の販売数を確認してください。これにより、いつからFBA納品して販売するのが最適か、ある程度把握することが可能です。一方で、季節商品は時期を過ぎると売れなくなりますから、その点には注意しましょう。多く仕入れすぎて不良在庫を抱えないよう、くれぐれもお気を付けください。

リピート販売をしよう

実際に仕入れて販売し、利益が出た商品は、リピート販売をしましょう。一度売った商品は実体験に基づいたデータが取れていますので、2回目以降は自信を持った仕入れ判断ができるはずです。その上、商品や仕入れ先を探す手間も省け、売れるスピード感も分かっていますので、短時間で効率的に利益を得ることが可能になります。ただ、仕入れや販売の価格、ライバルの数などが変わっている場合もあるため注意が必要です。タイミングやスピードを重視して仕入れを行いましょう。

商品リストにリピート仕入れする品を増やしていくことで、効率良くリサーチができるようになっていきます。出品した商品の注文数や売上が確認できるセラーセントラルの「在庫管理」画面の商品は、あなただけの資産になりますので、削除せずに保管しておくと良いですね。

「稼げる実感」を得る

Amazon輸入を1人で実践していると、「本当に稼げるのか?」と不安になったり、半信半疑になったりする方もいると思います。しかし、そのようなときに同じビジネスで稼いでいる人に会うと、「本当に稼いでる人がいるんだ」「自分にも稼げるのではないか」と感じるようになるはずです。実際、過去に私がコンサルティングを行った生徒で、私が主催する「国際バイヤーズクラブ(International Buyers Club=IBC)」のグループコンサルに参加し、「実際に稼いでいるメンバーがたくさんいたので、自分も稼げると実感した」という方がいました。

「自分にできるのか?」→「自分にも稼げそう!」─このようなマインドの変化は、稼ぐ上でかなり重要なことです。かく言う私も、開始当初に起業塾に人生初参加し、輸入ビジネスで月収100万円を稼いでいる方に実際に会ったことで、「自分にも稼げる」と実感するようになりました。それは、月収100万円を稼いでいるとは言っても至って普通の方で、親近感が湧いたとともに、「この人にもできたのだから、自分にもできるのではないか?」という気持ちになったからでした。今、Amazon輸入で稼げるのか不安を抱いている方は、思い切って実際に稼いでいる人に会いに行くのが良いです。実際に稼いでいる人を身近に感じることで、自然と自信を持って行動できるようになり、自らも稼げるようになっていくものだと思います。

誰にでもチャンスはある

先日、ネットビジネスを何も知らずサラリーマンとして働く中学生以来の親友から、初めて「ビジネス系のセミナーに出ようかと思っている」という旨の連絡をもらいました。私は、その親友に副業収入を得たり、サラリーマンを辞めて自由になったりして、何か新しいきっかけをつかんでもらいたいと思っていたので、「ぜひ行ってみると良い!」と伝えました。インターネットビジネスを始めるのに早いとか遅いとかは関係なく、「誰にでもチャンスはある!」と私は思っているからです。そして、本気で頑張れば、短期間で人生を劇変させることができると思っています。一昔前までは、コネクションや情報、ビジネスのノウハウを握れるのは、ある一定の階層の人しかいませんでした。しかし、今はインターネットがあるので、どこのどんな情報や人物にも、気軽にアクセスすることができます。資金、人脈、スキル、才能・・・そんなものは関係なく、1人でも稼ぐことができる時代になったというわけです。

書籍にも書きましたが、私はAmazon輸入をする前、ニート・無職・引きこもりでスウェット一着しか持っていない、まさにどん底状態の人間でした。そんな私でも、Amazon輸入をスタートして稼げるようになり、一気に駆け上がることができたのです。最初は簡単には稼げないかもしれない。これは、どんなビジネスでも一緒です。それでも、ぜひ稼げるようになるまであきらめないで実践し続けてほしいと願っています。

読者の皆様には、起業家・ビジネスマンの方をはじめ、主婦の方、アルバイトの方、大学生の方、無職の方・・・さまざまな方がいらっしゃると思います。そして、私の現在の目標は、「私の本やコンテンツを読んで頂いた方にAmazon輸入を実践して頂き、1人でも多くの方に稼いでもらうこと」。本コラムを読んで頂いている皆様と、一緒に頑張っていけたら幸いです。

 

■プロフィール
竹内 亮介(たけうち・りょうすけ)
 
1983年、千葉県に生まれる。立命館大学産業社会学部卒業。R・グローバルジャパン(株)代表取締役。2012年、資金ゼロ、人脈ナシ、全くの未経験からAmazon輸入ビジネスをスタートし、1年後に月収100万円、2年後に月収200万円を稼げるようになる。2014年、事業拡大のため貿易業を手掛ける同社を設立。Amazon輸入の第一人者として、個人コンサルティングやコミュニティ(IBC)でノウハウを教え、月収100~1500万円以上稼げるクライアントを多数輩出。クライアント全員が稼げるようになると定評がある。さらに、読者数8.6万人(購読者数・輸入ビジネス日本一)のメールマガジンを配信し、その独自ノウハウで業界から注目を浴びている。現在は、パソコン1台で世界中どこに行っても仕事ができる生活スタイルを確立。年収1億円、預貯金1億円以上、30ヶ国以上の旅行、ベストセラー出版など、多くの夢をかなえている。
 
■URL
BLOG http://takeuchi01.com/
Facebook https://www.facebook.com/takeuchi01
LINE@「@takeuchi」でID検索(@をお忘れなく!)
 
■著書
『いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意』(秀和システム、2015年1月)
*2万部突破・増版10刷のベストセラー
『Amazon輸入大百科』*期間限定で無料公開中 http://takeuchi01.com/lp/

<< サラリーマンのための起業講座 Vol.6

 
 
 


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

畑山隆則 宮地 真緒 名高達男 杉田 かおる 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ