• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • サラリーマンのための起業講座 Vol.5

コラム

サラリーマンのための起業講座 Vol.5

 
「脱サラして起業したい」「自分でビジネスを始めてみたい」・・・先行き不透明な時代だからこそ、自分自身で行動を起こし、お金や自由を得ようとする人は多いのではないだろうか。本コラム第4回では、Amazon輸入ビジネスの商品リサーチのコツや儲かる工夫についてお伝えした。今回は、さらに効率良く作業する方法について、その道で成功を収めるR・グローバルジャパン(株)の代表取締役・竹内亮介氏から学ぼう。

第4回では、Amazon輸入ビジネスを始める際の商品リサーチのポイントについてご説明しました。第5回となる今回では、Amazon輸入ビジネスをより発展させていくための実用的な方法や、副業における作業時間のつくり方についてお伝えします。効率的な収益確保のコツを知ることが最短ルートでの結果に結び付きますので、一つずつ進めていきましょう。

並行輸入品とは何か

商品リサーチを行っていく中で、輸入品には「正規輸入品」と「並行輸入品」の2種類があることに、お気付きになるかと思います。そこでまずは、正規輸入品と並行輸入品について、Amazonでは以下のように定義していますので、ご説明します。

正規輸入品・・・日本の正規輸入代理店による国内保証が有効で、修理や問い合わせなどのサービスが可能となる商品
並行輸入品・・・海外メーカーが認める日本国内の正規輸入代理店以外を通じて、国内に輸入された商品

簡単に申し上げますと、「海外メーカーが認める日本正規代理店を通しているか、通していないか」の違いだと思って頂いて構いません。例えば、Apple社の正規輸入品と並行輸入品であれば、アメリカのApple本社から正規代理店である日本法人の「アップルジャパン」が輸入し、販売している商品は正規輸入品。一方で、海外のApple直営店や取扱店、またはインターネットで商品を購入して日本に輸入した商品は、並行輸入品です。そのため、海外のAmazonから仕入れる商品については、並行輸入品になります。

並行輸入品は合法な輸入形態です。正規代理店を通さなければいけないという決まりはありません。むしろ、Amazonでは並行輸入品を推奨しており、並行輸入品ストアが開設されているほどです。そのため、今後も並行輸入品の割合は拡大していくことが予想できます。

ただし、Amazonに並行輸入品を出品する際には、正規輸入品とは異なる商品ページに出品する必要があります。また、正規輸入品と区別するため、商品名に「並行輸入品」と明記する必要が生じますので、その点も注意が必要です。

これからAmazon輸入ビジネスを始める方には、まず並行輸入品の販売がお勧めです。なぜなら、正規輸入代理店は一商品を大量に卸す上、国内保証のサービスに加入する必要があるため敷居が高くなります。しかし並行輸入の場合には、さまざまな商品を少量ずつ扱うことが可能となり、リスク分散につながります。よって、小資本の個人事業主でも参入しやすい利点があるのです。

1つの儲かる商品で満足せず、派生リサーチをしよう

さて、1つの儲かる商品を見つけることができると、効率の良い商品リサーチが可能となります。というのも、「儲かる商品から、その関連商品へ派生させること」が、収益を上げていくコツだからです。具体的な例を挙げてみましょう。

・ブランドから派生させる
1つの儲かる商品を見つけたら、同ブランドで検索し直してみて、「人気度順」に並べ替えてみましょう。そうすることで、他にも儲かる商品が見つかる可能性があります。

・色違い、サイズ違い、バージョン違いの商品を探す
商品によっては、色のバリエーションが存在します。その場合は、色違いの商品も見落とさずにリサーチしてみてください。例えば、多くのユーザーを持つiPhoneのカバーケースなどは、当然さまざまなバリエーションがあることが見込めますので、1種類で満足せず、全ての色をリサーチしてみると良いかもしれません。また、男女によって人気の色が異なる商品もありますから、その辺りも要チェックです。他にもアパレル関連の商品だと、サイズ違いをリサーチしてみると、効率良く儲かる商品を見つけることができるでしょう。ゲームの場合には、対応機種やナンバリングなど、それぞれのバージョン違いでリサーチしてみてください。

・Amazonの便利な機能を活用しよう
Amazonには、購入者のデータに基づいて関連商品を自動的に表示してくれる、サジェスト機能というものがあります。商品ページの中段や下のほうに、「よく一緒に購入されている商品」「この商品を見た後に買っているのは?」「この商品を買った人はこんな商品も買っています」などと、表記されている部分です。ここからも関連商品は見つけられますので、ぜひリサーチして派生させていきましょう。

副業の方にお勧めする作業スケジュール

ところで、いざ副業を始めようと思っても、日々の労働サイクルに追われてしまい、十分な時間を確保できないからと諦めてしまってはいませんか?

これまで私は、運送業のドライバーなど、長時間の拘束かつ重労働に携わる多くの方の独立を支援し、法人化に至るまで指導してきました。以前にドライバーを務めていた2名は、副業で月収100万円近くまで稼ぎ、独立した現在では、月収300万円以上を稼げるようになっています。

多忙な中でも、効率良く作業時間を生み出すことは可能です。その際、私がどのようにアドバイスをしているのかと言うと、基本的には、「早寝早起きを心掛け、早朝に作業する」ということ。仕事で疲れて、夜遅く帰ってからビジネスをするのはつらいですよね。また、人間は22~2時の間が一番眠りに集中できる時間帯だと言われているため、しっかりと良質な睡眠を取ることができるのです。そして、本業の通勤中や空き時間には、以下のようにできる限りのことをするのが良いと指導しています。

・パソコンが開けるなら作業
・読書や、携帯・スマートフォンで情報収集
・取引先に連絡、外注している場合はその指示出し
・ビジネスプランを考える
・マインドセットのオーディオを聴く

そうして、利益に直結する商品リサーチや交渉は、極力自宅で集中して作業します。また、生活習慣を見直し、目的のないネットサーフィンやSNSなど、「やらないこと」を徹底的に決めることも重要。一日のスケジュールの中で、なるべくAmazon輸入ビジネスに割く時間を確保しましょう。ただ、不健康になって体を壊してしまっては本末転倒なので、くれぐれも無理は禁物です。

さて、以上が副業の方にお勧めする作業スケジュールです。限られた時間の中で、いかに効率良く作業を行っていくかが成功への鍵となりますから、しっかりと計画を練り、努力を重ねていきましょう。

 

■プロフィール
竹内 亮介(たけうち・りょうすけ)
 
1983年、千葉県に生まれる。立命館大学産業社会学部卒業。R・グローバルジャパン(株)代表取締役。2012年、資金ゼロ、人脈ナシ、全くの未経験からAmazon輸入ビジネスをスタートし、1年後に月収100万円、2年後に月収200万円を稼げるようになる。2014年、事業拡大のため貿易業を手掛ける同社を設立。Amazon輸入の第一人者として、個人コンサルティングやコミュニティ(IBC)でノウハウを教え、月収100~1500万円以上稼げるクライアントを多数輩出。クライアント全員が稼げるようになると定評がある。さらに、読者数8.6万人(購読者数・輸入ビジネス日本一)のメールマガジンを配信し、その独自ノウハウで業界から注目を浴びている。現在は、パソコン1台で世界中どこに行っても仕事ができる生活スタイルを確立。年収1億円、預貯金1億円以上、30ヶ国以上の旅行、ベストセラー出版など、多くの夢をかなえている。
 
■著書
『いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意』(秀和システム、2015年1月)
*1.7万部突破・増版8刷のベストセラー
『Amazon輸入大百科』*期間限定で無料公開中 http://takeuchi01.com/lp/
 
■URL
BLOG http://takeuchi01.com/
Facebook https://www.facebook.com/takeuchi01
LINE@「@takeuchi」でID検索(@をお忘れなく!)

<< サラリーマンのための起業講座 Vol.4サラリーマンのための起業講座 Vol.6 >>

 
 
 


amazonからのご注文
2019年4月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 畑山隆則