• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • リポーター・圖師凜の宮崎ガイド

コラム

リポーター・圖師凜の宮崎ガイド

宮崎発のゴボウチップス「ゴボチ」。MRT宮崎放送のリポーター・圖師凜さんが、同商品を製造する(株) デイリーマームの和田専務にインタビュー!開発の経緯から人気の秘訣まで伺いました。
 

株式会社 デイリーマーム
専務取締役 和田 剛(わだ・つよし)
 
長崎県佐世保市出身。(株)デイリーマームの専務取締役を務めるとともに、「ママンマルシェ-TAKANABE-」の責任者として、直売場や「ゴボチ」の国内・国外へのPR、地元の活性化に尽力。現在、新しい野菜チップスの商品開発に努めている。

*「ゴボチ」公式ホームページ
http://gobochi.co.jp/

MRT宮崎放送 リポーター
圖師 凜(ずし・りん)
 
宮崎県日南市に生まれ、その後は宮崎市や延岡市で暮らす。大学卒業後は病院に事務職として勤務。仕事の傍らで、観光レディである「日南サンフレッシュレディ」として活動し、2016年4月からはMRT宮崎放送の朝の情報テレビ番組「モーニングてらす!」のリポーターに就任した。趣味は学生時代から打ち込む卓球で、現在も全国大会などに出場する。
 
*MRT宮崎放送・モーニングてらす!
http://mrt.jp/television/mtera/

 

世界にも販路を拡大

圖師 大人気のゴボウチップス「ゴボチ」はどのように誕生したのですか?

和田 弊社は2007年に創業し、宮崎市内でお弁当の製造・販売を行っておりました。しかし、2010年には口蹄疫、その翌年には新燃岳の噴火や鳥インフルエンザも発生するなど、会社の経営も多大な打撃を受けたのです。そこで、お弁当部門に代わる新たな部門を立ち上げるべく、当時店舗で人気だった「ごぼうチップス」の商品化を試みました。そして、1年半かけてゴボウチップス「ゴボチ」を開発し、2011年に販売を開始、それからすぐに宮崎空港さんで販売することとなりまして。そのことをきっかけに、瞬く間に1日約1000袋売れるほどの人気商品になったのです。それからは全国放送のテレビ番組や有名雑誌にも取り上げられ、芸能人や著名人の方から取り寄せて頂く機会も増えていきました。

圖師 口コミやメディアによって、自然と人気が広まっていったんですね。

和田 そうなんです。日本全国ではもちろん海外でも販売しています。シンガポールをはじめ、台湾、タイへの輸出も行っているのです。また最近、イギリスやアメリカでの販売も始まっておりまして、世界中のさまざまな国でご好評を頂いています。

圖師 私も「ゴボチ」をいただきましたが、優しいゴボウの風味とパリッパリの軽い食感に、思わず手が止まらなくなりますね!

和田 ありがとうございます。懐かしい味だと言われることもあるんですよ。「ゴボチ」は食物繊維も豊富ですし、そうした健康に気を配るリピーターの方もとても多いです。

「ゴボチ」と宮崎が楽しめる施設

圖師 2017年12月には、宮崎県高鍋町に「ママンマルシェ-TAKANABE-」をオープンされたそうですね。どんな施設なのですか?

和田 「ゴボチ」を原料として使用した料理が味わえる直営のレストランやフードコート(餃子屋2店舗・パン屋)、宮崎県内の農畜産物や加工品が並ぶ直売所スペース、さらにゴボチ製造工場が見学可能(※要予約制)な複合施設となっております。「ゴボチ」の原型にもなったお弁当屋時代に販売していた「惣菜ごぼち」が人気で、その他に全国各地のこだわりの商品なども販売しております。毎月さまざまなイベントを企画し、県内外問わず多くのお客様にご来店頂いております。

圖師 家族連れでも楽しめそうですね。では、最後に今後の展望をお聞かせください。

和田 「ゴボチ」をさらに国内外に向けてPRし、宮崎県の活性化につなげていきたいです。また、「ママンマルシェ -TAKANABE-」でも、私たちがこれまで多くの販売店様に助けて頂いたのと同様に、宮崎県内の農家さんやメーカさんなどの商品を販売し、全国にPRできるお店にしていくべく頑張っていきます。
 また、「ゴボチ」は野菜が嫌いなお子様でもおいしく食べられます。そのため、今後はいろいろな県内野菜(ニンジンやショウガ)でチップスを開発・製造していくなど、食育の活動にも努めていこうと考えています。


   ママンマルシェ -TAKANABE-
   〒884-0005 宮崎県児湯郡高鍋町持田俵橋5654-1
   【営業時間】9:00~18:00(不定休)
   URL https://www.instagram.com/mamanmarchetakanabe/

商品ラインナップ紹介

左端:「ピリ辛味」・・・国産とうがらしを使用。辛すぎず、子どもでも食べられる味
中央左・左上:「プレーン醤油味」・・・オリジナルのタレで味付け。一番人気!
中央右:「ブラックペッパー味」・・・黒こしょうの風味漂う大人の味。お酒のおつまみにも
右端:「ラッキースパイス味」・・・ガーリック香るスパイシーな味。宮崎県の精肉店「肉のふくしま」とのコラボ商品
右上:「YUZUSCO味」・・・液体ゆずこしょう「YUZUSCO」で味付けしたコラボ商品。ゆずの酸味と程よい辛さがマッチ!

 
 

<< 国内唯一の本格熟成キャビア、世界へ挑む 新規就農者がいちごを先行販売! >>


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則